ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今週末のプリマヴェーラ・ダンサンテ。女性の単身参加に応じるため10人のプロダンサーが待機する。1曲3レアルとなっているが、これが好評のようで、それらダンサーは一晩60曲(180レ)ほども稼ぐ人がいる。ひっきりなしに声が掛かるらしく、人気のダンサーはトイレに行く時間もないとか。上辻委員長は「控えめな方は機会を逃しますよ」と積極的に踊ることを勧める。アポゼンタード(年金生活者)中心の参加者だが、この時ばかりは青春時代に舞い戻る?
     ◎
 東京・池袋の商業施設サンシャインシティで、12日から23日までブラジルフェアが開催された。グルメに音楽、スポーツと来場者を楽しませた。中でも盛り上がったのはやはりサッカー関係。W杯の報道写真展や、ブラジル代表選手のサイン入りユニホームが当たるイベントもあったとか。「ブラジルといえばサッカー、サンバ、コーヒー」のイメージは今も健在のようだ。
     ◎
 同フェア開幕前日の11日には、元サッカー日本代表の中田英寿さんが会見に登場。W杯期間中にサンパウロ市で限定開業した『Nakata.Net Cafe』について、「日本酒が現地ではウケました。リオ五輪でもやりたい」と語ったとサンケイスポーツなどが報じている。日本料理のおつまみ小鉢一品に日本酒グラス2杯で90レと、安くはなかった同カフェ。リオではお値打ちメニューも、ぜひ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオから大統領が生まれないその理由は?2017年12月1日 リオから大統領が生まれないその理由は?  ブラジルの政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」がサンパウロ州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「ブラジルの大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」とい […]
  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオデジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一蹴し […]
  • W杯開幕戦の観客席の様子(6月12日、Foto: Ricardo Stuckert CBF)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=不発に終わったW杯での抗議行動  いうまでもなくサッカー選手の大半は貧困層から生まれている。世界に誇る優秀な選手が輩出される裏には、教育が行き届いておらず、サッカー以外に社会上昇の手段があまりない、という格差社会の現実が前提としてある。  人口の大半を占める貧困層からスポーツの逸材をサッカー […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]