ホーム | コラム | 大耳小耳 | 東西南北

東西南北

 10~12日までの連休中、ブラジル内の主だった天気予報の機関はどこも「サンパウロ市はずっと雨」との予報を出していたが、結果はほとんど降らずに終わった。連休前に、一部の予報で「北東伯から伸びた高気圧によるブロッキング現象がリオ付近まで来ている」と報じていたが、その影響はサンパウロ州までは及ばないと見られていたのに、結果的にはまともに影響を受ける形となった。南東伯はエル・ニーニョで干ばつが起きている北東伯と、大雨となっている南伯の間に囲まれている。サンパウロ州は後者側との見方もあるにはあるが、夏に向けて怖いのはこのような北から南下したブロッキングだ。乾燥猛暑か豪雨かの二者択一とは憂鬱なものだ。
     ◎
 13日付アゴラ紙によると、アパレシーダに巡礼した人たちが、聖母マリア像に対し祈った内容に「危機からの脱出」が目立ったという。特に雇用に関しては深刻で、自身や身内が職を得られるよう願う人、または、仕事が幸運にも得られたことに感謝を示す祈りなども目立っていたという。最もブラジルは、政治、経済と危機だらけの状況。今年こそ、同地を訪れて恩恵を求めたかった政治家や企業関係者も多かったのではないだろうか。
     ◎
 「セレソンよりも、おらがチーム」のサッカー・ファンにとって、この連休中は全国選手権がなく物足りなかったことだろうが、同選手権はきょうから再開。きょうはパルメイラスが本拠地でポンテ・プレッタと、サンパウロが敵地でフルミネンセと対戦。明日は首位コリンチャンスが本拠地でゴイアスと、サントスが敵地でグレミオと対戦する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月29日 東西南北  明日30日、統一地方選挙の決選投票が全国55市で行われる。いつもならサンパウロ市も決選投票があるのが普通だが、今年はジョアン・ドリア氏が一次投票で圧勝したため、この投票制度が出来て以来はじめて、決戦投表がない。とはいえ、サンパウロ州全体で見ると、グアルーリョス、オザスコ、サン […]
  • 東西南北2016年10月15日 東西南北  13日、サンパウロ州ピタンゲイラス市で、15歳の少女ヴァリシア・フェルナンデス・デ・ジェズスさんの遺体が、腹部が切り裂かれた状態で発見された。彼女は妊娠8カ月で、傍らには顔にナイフの痕のある赤ちゃんの死体がバスタオルに包まれ置かれていた。警察は現在、ヴァリシアさんに前日に会っ […]
  • 東西南北2016年10月21日 東西南北  19日のエドゥアルド・クーニャ前下院議長の逮捕は大きな話題を呼んだが、世間の注目はクーニャ氏のみならず、彼を連行したある連邦警察官にも注がれていた。長く伸びた前髪を、最近ブラジル人男性のあいだで流行のちょんまげにした、無精ひげで胸板の厚いこの男性は、「二枚目だ」としてたちまち […]
  • 五輪優勝効果はあらわれるか?=9月1日にW杯南米予選再開2016年8月24日 五輪優勝効果はあらわれるか?=9月1日にW杯南米予選再開  20日に悲願の五輪入賞を果たしたのも束の間、来週9月1日にはもうW杯の南米予選がはじまる。それに伴い、22日、1日のエクアドル戦から指揮を執るチッチ新監督が、出場23選手を発表した。  そのメンバー選出には、五輪の影響が早くもにじみ出ている。フォワードには、ネイマール(バル […]
  • 東西南北2016年9月30日 東西南北  29日午前、サンパウロ州ジャルジノーポリスの刑務所で、囚人たちが暴動を起こして放火や破壊行為を働き、約200人が脱獄した。高さ4メートルの柵を倒して、カンジード・ポルチナリ高速道に向かって走って逃げていったという。その後、同日正午までに100人ほどが逮捕された。同刑務所は10 […]