ホーム | コラム | 樹海 | 日伯外交関係樹立120周年に水を差したジウマ大統領

日伯外交関係樹立120周年に水を差したジウマ大統領

ジウマ大統領(公式写真=Credito: Roberto Stuckert Filho/PR)

ジウマ大統領(公式写真=Credito: Roberto Stuckert Filho/PR)

 ジウマ大統領が2度目の訪日土壇場キャンセルをしたことで、準備万端整えていた日本側はハラワタが煮えくり返る想いをしているだろう。共同通信は《再度の中止は、ことし外交関係樹立120周年を迎えた両国関係に水を差す形となった》とはっきり書いた。伯国在住者としては大統領のいい加減さに「呆れる」の一言だ▼昨年は安倍総理が来伯し、今年は秋篠宮ご夫妻が来られた。来年のリオ五輪、次は東京五輪であり、安倍総理との会談も今回予定され《天皇陛下とも会見する予定だった》(共同)とある▼ドタキャンの可能性があるからこそ両国外務省は直前、1週間前まで公表しなかった。その代わりに公表後であれば「何があっても行く」という信頼感がないと〃120年の外交関係〃がゆらぐ。しかも2回目―前回の失態から何も学んでいない。まさにこの状態が示す通り、今のジウマは〃死に態〃政権だ。たとえ訪日しても儀礼的な意味のみで、両国の将来に大きな前進をもたらす力があるのか、甚だ疑問だ。より安定するであろう次期大統領を呼ぶ方が結果が伴うのではないか▼ルーラからのPT政権の特徴は「ゲリラ思考」だと感じる。メンサロンで逮捕された面々もそうだが同党創立者の多くは反軍政活動家だった。彼らは銀行を襲って資金を作り、非合法活動を続けてきた。デウシジオ上議の録音内容もしかり、表向きは遵法する振りをしながら、本音では「目的達成のためには手段を選ばない」=「法律軽視」という姿勢が伺える▼〃政治ゲリラ〃を相手に紳士外交は通じない。アメと鞭を上手に使い分ける外交手法を磨くことこそが日本の課題だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • ジウマ大統領(Foto: Ichiro Guerra/Dilma 13)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=「ゆがみ」を直す「ゆがみ」とは=PB疑惑次第で弾劾裁判も?! W杯はゴネ時と見る一部過激派 2014年はW杯が6月に、大統領選挙が10月にあった。だからその直前の3~5月をゴネ時とみた組合の一部過激派が造反までした。たとえば5月20、21日に聖市民を大混乱に陥れたバス運転手と車掌のストは、組合の決議に従わない一部の過激派がやった。 […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」2016年6月11日 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」  有名なテレビ番組司会者マルセロ・タスは6日朝、CBNラジオで「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」と叫んだ。これは、日本中はおろか伯国でも連日報道されていた田野岡大和君の件だ。ブラジル人は日本人にどんなイメージを持ち、この事件から何を考えたのか?▼ […]
  • ジウマと相打ち果たしたクーニャの今後は?2016年5月7日 ジウマと相打ち果たしたクーニャの今後は?  ブラジルという国の〃地軸〃が大地殻変動を起こして、一気にクリチーバからブラジリアへ移ったような週だった。ジャノー連邦検察庁長官が昨年来、仕込んできた時限爆弾が立て続けに破裂したからだ▼彼の申請により、ルーラ前大統領を起訴、ジウマ大統領を捜査対象にする案件が最高裁に今週だされた […]