ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 下院でのジウマ大統領罷免審議はなかなか進展しないが、その一方で、野党側のジウマ政権打倒のもう一つのシナリオである14年大統領選での不正疑惑は進んでいる。ラヴァ・ジャット関連企業からの裏金疑惑は、ジウマ氏の選挙参謀のジョアン・サンターナ氏にも及びそうだが、選挙資金の名を借りた贈収賄が明らかになれば、選挙高等裁判所の判断次第で大統領、副大統領の当選が無効となる。これは、副大統領が昇格する罷免より、事は重要だ。PTによる批判キャンペーンが仇で大統領選に敗れたアエシオ・ネーヴェス氏やマリーナ・シウヴァ氏はかねてからこの方法での打倒を望んでいた。両者共に恨みのある分、激しい攻防になりそうだ。
     ◎
 春、夏に降った雨で、カンタレイラ水系が大サンパウロ市圏で最大の水供給源に返り咲いた。フォーリャ紙サイトによると、同水系は880万人に水を供給していたが、水不足で供給先が減り、昨年3月に、サンパウロ市内での供給区域を広げ、520万人に供給するグアラピランガに最大供給源の座を譲っていた。カンタレイラは現在、水位回復で570万人に供給している。2月に入っての2週間は熱帯高気圧の影響で降水量が伸び悩んだサンパウロ州水系だが、来週から雨が戻るとの予報に期待したい。
     ◎
 2月からはサッカー・シーズン再来で、14日のサンパウロ州選手権では今年最初のクラシコ(伝統カード)、コリンチャンス対サンパウロ(於イタケーラ)が実現する。両チームとも、この2日後にリベルタドーレス杯グループリーグ初戦を控えている。クラシコでの両チームの本気度はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]
  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]