ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4日に起きたラヴァ・ジャット作戦でのルーラ前大統領の強制連行と取調べはブラジルを大きく揺るがし、世界的にも報道された。近隣のアルゼンチンやウルグアイ、ベネズエラなどでサイトのトップ扱いで報道されたのをはじめ、ラ米以外の国でも、ニューヨーク・タイムスが国際面トップで報道するなど、多くの報道機関で扱われた。日本でも、「ダシウバ前大統領が洗車作戦で拘束を受けた」との報道が行われた。奇しくも今回のラヴァ・ジャット作戦の名前は「アレセイア」。これはギリシャ語で「真実」を意味する。ルーラ氏は1月に「私ほどの正直者はいない」と発言して話題を呼んだが、2カ月弱でこうなろうとは。
     ◎
 3日未明、大サンパウロ市圏サントアンドレで、軍警の機動隊員が、麻薬の運び屋たちとの銃撃戦で胸を撃たれたが、意外なものに助けられ、一命をとりとめた。犯人たちの一撃は、軍警の着用していた防弾チョッキも突き破るほどの威力があったが、この弾は軍警がチョッキの下に着ていたシャツのポケットに刺してあったボールペンに当たって威力を失い、大事に至らなかったという。軍警内のおまじないとして、ボールペンが重宝されるか。
     ◎
 4日、サッカーのリベルタドーレス杯で、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでの対ロザリオ・セントラル(アルゼンチン)戦を2―0で勝利した。この勝利で、パルメイラスは現在、グループ2のトップに立っている。3日にはコリンチャンスが2勝目をあげ、グループ8のトップに。10日に試合のあるサンパウロもこれに続いて欲しいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、ブラジル史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の […]
  • 東西南北2013年5月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月3日  1日は世界中で「労働者の日(メーデー)」が祝われたが、平穏だったブラジルに比べ南米諸国は荒れ模様だった国も珍しくない。アルゼンチンでは労組がチェ・ゲバラの旗を揚げて抗議活動を行い、チリのサンチアゴでは労組代表と警察が対立し、大乱闘になる騒ぎが […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]