ホーム | 日系社会ニュース | 水野龍航海日誌が移民史料館へ=聖―バストス間で共有調印=脇山陸軍大佐の軍服も共に
航海日誌を持つ(左から)ペレイラ市長、呉屋会長、森口運営委員長
航海日誌を持つ(左から)ペレイラ市長、呉屋会長、森口運営委員長

水野龍航海日誌が移民史料館へ=聖―バストス間で共有調印=脇山陸軍大佐の軍服も共に

 山中三郎記念バストス地域史料館に展示されていた「水野龍の航海日誌」と「脇山甚作退役陸軍大佐の軍コート」が、聖市のブラジル日本移民史料館と共同所有されることになった。12日、バストス日系文化体育協会(ACENBA)で調印式が行なわれ、両館の代表者が出席。2点の移民史料は今回の調印により、保存に難があると言われてきた山中史料館から、聖市史料館に移動され、適切な環境下で保存されることとなる。

脇山甚作の軍コート

脇山甚作の軍コート

 水野龍は縦5センチ、横12センチほどの手帳に、1908年の第一回移民船「笠戸丸」での航海事情や伯国での様子をつづった。ブラジル移民の祖が記した、貴重な移民史料の一つだ。
 脇山甚作は日本帝国軍の元陸軍大佐で、コートは軍人時代に使用していたもの。45年10月、日本の敗戦を説明した「終戦事情伝達趣意書」に署名した内の1人であった。翌年6月、「勝ち負け抗争」で殺害された。
 調印は関係者100人が見守る中、バストスのビリジニア・ペレイラ市長、移民史料館の森口イグナシオ運営委員長、聖市文協の呉屋春美会長、ACENBAの真木勝英会長の間で交わされた。
 ペレイラ市長は山中三郎史料館に関し、「このバストスの地で山中氏が、移民の史料を後世に残すために尽力してくれたことが、当地の発展にもつながっている」と謝辞。呉屋会長も「山中氏の名を持つ史料館と共有の調印式ができたのも、氏の偉大な功績によるもの」と賛辞を送った。
 森口運営委員長は「航海日誌に歴史的な瞬間が刻まれていることを思うと、胸が熱くなる」と話し「脇山大佐の軍服も、歴史の一幕を改めて見直すことが出来る貴重なものだ」と意義を語った。
 調印式では移民史料館側から山中史料館へ、水野龍航海日誌の電子端末機が贈られた。現物は聖市に移されるが、山中史料館でも引き続き、電子端末によって航海日誌の内容を見ることができるという。タッチパネル式で日誌の画像を見ることが出来る機械とあって、代表者らも興味深そうに画面に触れていた。
 記念品の交換が行なわれた後、バストスの著名な養鶏業者・薮田修さんが乾杯の音頭を取り、参加者はACENBA婦人部の用意した料理を楽しんだ。
 元聖州高等裁判事でバストス出身の渡部和夫さんは、「日系コロニアだけでなく、日伯の関係をつなぐ大切な史料。劣化する前に保存環境の良い場所に移せて良かった」と話した。
 山中三郎氏の長男で元バストス市長の山中安彦さんも、「サンパウロに展示されれば、より多くの人に見てもらえる」と今回の調印を喜んだ。


□関連コラム□大耳小耳

 移民史料館の山下リジア運営副委員長によると、水野龍航海日誌と脇山甚作の軍コートの展示時期は未定だという。元聖州高等裁判事の渡辺和夫さんは、「移民史料館にもバストスと同じ航海日誌の検索機が置かれる予定。歴史を調べる研究者も助かるだろう」と話す。100年以上も前に紙に書かれたものだが、画像データに保存しておくことで後世にも確実に残る。他の移民関係書類も、紙がボロボロになって読めなくなる前に、画像データにして残す時期が来ているのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ