ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア氏がサンパウロ市市長になったあかつきには、ハダジ現市長のトレードマークでもあった自転車道を、中央分離帯にあるものや、利用者の少ないところを廃止する意向とのことは昨日付の本欄で触れた。だが早速、市民がそれに「待った」をかけた。5日夜、サンパウロ市の自転車愛好家たちが、西部ジャルジン・エウロパにあるドリア氏自宅の前に自転車に乗って集合し、その場で一斉に倒れるという抗議活動を行なったのだ。まだ新市政が始まってすらいないのに…。ここ数年、市民の抗議活動の動きはますます軽快になっている。
     ◎
 今回のサンパウロ市市議会選挙で目立ったのは福音派議員の当選で、17年1月からは現在の11人から15人になる。つまり、4人に1人が福音派議員だ。この背景には、教団の信徒らによるソーシャル・ネットワークを使った宣伝活動や、福音派を脅かすような法案が議会通過するのを阻止したいと思う候補が増えているためだとの声も。逆に、福音派に都合の良い保守的な法案が増えないかも気になるところ。
     ◎
 5日のサッカー全国選手権、コリンチャンスは本拠地イタケーラでの対アトレチコ・ミネイロ戦を0―0で引き分けた。相手は現在3位と手ごわいことは確か。とはいえ、つい先日、全国選手権による来年のリベルタドーレス杯出場枠が、「上位4チームまで」から、「6チームまで」に増えるとの発表があったばかり。現在8位のコリンチャンス。増枠内になんとか入ろうとする気合のこもった試合を期待するファンは多いのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月20日 東西南北  ダッタフォーリャが19日に発表した世論調査によると、回答者の50%が、「また、新たな軍事政権が誕生するのではないか」と恐れているという。男性で軍事政権誕生を恐れる人は45%だったのに対し、女性は55%で、女性の方が高い。さらに、大統領選でボルソナロ氏を支持した人の65%は「そ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2018年6月8日 東西南北  7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とし […]
  • 東西南北2018年3月9日 東西南北  7日、ジャイール・ボルソナロ下議の自由社会党(PSL)への移籍が正式に発表された。議事堂の前には巨大なインフレータブル人形が置かれ、本人は警官や軍人の議員誕生を後押しして、「マシンガン議員団を形成したい」と息まいた。ただ、フォーリャ紙はこの話題には触れず、エスタード紙では「2 […]