ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領が23日にリオ市で行った1万人規模のマスクなしでのバイク行進は、各方面から批判を浴びている。そのすぐ前の15日にブラジリアで行われた大統領支持の集会では、参加者の一人の退職公務員女性が、すぐ後の20日にマット・グロッソ州でコロナ感染が原因で死亡していることが分かった。同集会で感染拡大した可能性が指摘されている。この女性は同州カンポ・ノヴォ・ド・パレシス在住で、常日頃から大統領の主張するクロロキンを使った早期治療に賛同する発言を行っていたという。大統領は24日に行われた、エクアドルのギジェルモ・ラッソ大統領の就任式には態度を一転させてマスク着用で参加したが、自身の言葉を信じてコロナの犠牲になった人が存在することをどう思っているのか。こうした死者がこれで終わるとも思えないが。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯は今週がグループリーグの最終節。ブラジルからはすでに、パルメイラス、フラメンゴ、サンパウロ、アトレチコ・ミネイロが決勝トーナメントに進出しているが、今日はサントスが決勝T進出をかけてバルセロナSC(エクアドル)と敵地で対戦する。グループC3位のサントスはこの試合に勝った上、同2位のボカ・ジュニオルズ(アルゼンチン)が26日の別の試合で引き分けか敗戦すれば進出できるが、果たして。
     ◎
 先週末に冷え込んだサンパウロ市。予報では「乾燥し、暖かくなる」はずだったが、週末は雨が降り、24日朝の最低気温は11・6度、25日は9度まで冷え込むなど、さらに寒くなった。観測所によると、今回の寒さは当初弱いとされた寒冷前線がもたらしたものだとか。寒さは26日も続くようだが、この先は暖かくなってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]