ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学史に残る不条理作家やスティーヴン・スピルバーグの人気SF映画の名を出して、それがいかに現実離れしているかを示したもので、マスコミ受けしやすい比喩のセンスは或る意味さすが。だが、これが「私以上に正直なのはキリストだけ」と言った発言同様、おもしろくはあるが、失笑も買っていることも認識したほうが良いようにも思えるが。
     ◎
 21日、来年のサッカーリベルタドーレス杯の組み合わせが発表された。ブラジルは参加8チームのうち、ボタフォゴとアトレチコ・パラナエンセの2チームが、リーグ戦進出をかけた予選からの参加となる。残る6チーム(パルメイラス、フラメンゴ、サントス、アトレチコ・ミネイロ、グレミオ、シャペコエンセ)はリーグ戦からの参加となるが、果たして、飛行機事故で選手19人もが死亡したシャペコが戦える状況になるのかも気になるところだ。
     ◎
 暦の上で夏となった21日、サンパウロ市では夕方前に強いにわか雨が降った。西部では自動車に倒木があたり、大破するなどの被害も出た。いかにも夏らしい光景だが、それにもかかわらず、22日に確認された水系の降水量はカンタレイラで3・9ミリ、アウト・チエテで6・5ミリと少なく、グアラピランガだけが43ミリ降る大雨だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2017年7月28日 東西南北  本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与 […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年11月22日 東西南北  今年は日曜日と重なってしまったために忘れられがちだったが、20日は「黒人の日」で、サンパウロ市では祝日として制定されている日だ。そんなこともあり、20日の現地紙では、黒人の人種差別の問題を取り扱った記事も目立ったが、アゴラ紙では、黒人の子供を養子にとった白人家庭が差別にあって […]