ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。「部屋の中に4人の内のひとりがいるのが見えたんだ。僕にも娘がいる。なんとかしなくちゃと思ったんだ」というジョルジュさんは、はしごをもって現場に駆けつけ、女の子たちを1人1人、窓からおろしていった。その甲斐もあり、この火災は大きなけが人もなく終わった。久しぶりに胸のすくようなよい話だ。
     ◎
 サッカーの元セレソンボランチ、フェリペ・メロが17日、パルメイラスへの入団発表を行った。「闘犬」のあだ名を持つ彼は、この日の会見でも「実力がなきゃ12年も欧州でプレーできない」「取れるタイトルは全てとる」「(元ウルグアイ代表主将で現サンパウロの)ルガーノをつぶす必要があるならつぶすぜ」と豪快な発言を連発。逆上しやすい性格で、それ故に10年W杯の敗因にもあげられた彼だが、国内リーグの盛り上げには貢献しそうだ。
     ◎
 本日付本頁で報じた、ロールス・ロイスがペトロブラス汚職に絡んでいたとの報道。同社の贈賄行為は、石油採掘専用の発動機(タービン)供給に伴うものだったようだが、高級車を賄賂として贈る余罪はなかったのかは気になるところ。ラヴァ・ジャットの容疑者は高級絵画なども賄賂代わりに受け取っていたからありえなくはないが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?2019年5月16日 リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?  13日夜、サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯決勝トーナメントの抽選会が行われ、グループリーグを勝ち抜いた16チームの対戦相手が決まった。  トーナメントの山を2つに分け、それぞれ組みあわせを紹介していく。  クルゼイロ(ブラジル)対リーヴェルプレイト(アルゼンチン […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]