ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から始まり、セントロのコンソラソン、西部のヴィラ・マダレーナ、東部のモオッカなどの繁華街で確認されているが、警察の見張りも甘いという。クリスマスが近いことなどを考えてか、ブルーノ・コーヴァス市長は外出自粛の厳格化に消極的だが、それに甘えて好き放題にすれば、事態は悪くなるばかりでは。
     ◎
 ポルト・アレグレでの黒人男性ベト・フレイタス氏殺害事件で、市警は24日、スーパー「カルフール」の責任者、アドリアナ・アウヴェス・ドゥットラ氏を緊急逮捕した。アドリアナ氏はフレイタス氏を白人警備員2人が外に連れ出し、暴行を加え続けた際も横に立って静観、録画していた上、フレイタス氏が苦しくて助けを求めていたにも関わらず、警備員の暴行を止めなかった。同氏は他の従業員の忠告を聞かなかった上、警察でも虚偽の証言を行っていた。
     ◎
 24日からサッカーのリベルタドーレス杯の決勝トーナメントがスタート。サントスは敵地エクアドルでのリーガ・デ・キト戦を終始劣勢ながらも2―1で勝利した。敵地で2点を決めたため、本拠地での第2戦でキトが最低でも2点を決めないと並ばないことになり、かなり有利になった。第2戦は12月1日に行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める2020年12月17日 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める  日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)が多難だった2020年の忘年会を4日晩、オンラインで開催した。上原ケンゾウ・パウロさんのコーディネートにより、約60人が集まった。当日は楠彰在サンパウロ首席領事、マナウス総領事館に転任になった中村玲子領事の挨拶もあり、日本滞在 […]
  • 東西南北2020年12月16日 東西南北  サンパウロ州地裁は14日、州内のバーやレストランに対し、午後8時以降の酒類の販売を許可する判断を下した。この時間帯の酒類の販売は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けたサンパウロ州政府が11日に禁止し、12日から発効となっていた。だが、打撃を受けたブラジル・バー・レストラン協 […]