ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市の電車網では8、9日と立て続けにトラブルが発生しているが、10日付現地紙によると、サンパウロ市の地下鉄は、2014年から16年の間に、維持費と改善費を大幅に減らしていたという。維持費は14年の1億1千万レアルから4700万レアルへと57%減、改善費は4億900万レアルから1億6800万レアルへ59%減だったという。また、線別の資金投与額も、5号線の87%を筆頭に大きな落ち込みが見られている。この間の不況がいかに大きかったかを物語っているが、遅れている建設工事に伴う契約や建設の費用の負担増も大きいはずだ。財政的に苦しい時期には違いないが、トラブルは少なく願いたいものだ。
     ◎
 大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテス市長のネイ・サントス氏が、遅ればせながら9日より市長職を果たしはじめた。同氏は昨年10月の選挙で79・45%の得票を得て圧勝したものの、麻薬の密売取引をする犯罪集団のリーダーとの疑いを持たれ、同年12月9日に逮捕状が出て以来、失踪を続けていた。だが、8日に最高裁から逮捕状が却下されたために同市に戻り、40日遅れでの市長就任となった。市長は無罪を主張しているが市民の感情はいかに。
     ◎
 年明けからずっと天気が悪く、かなりの雨が降り続いていたサンパウロ市だが、ここのところようやく落ち着いたか、雨が降らない日が続いている。気温もそこまで高くないため、こういう時にこそ外出したいのに、あいにく、カーニバルのブロッコは解禁されておらず、もう1週間の辛抱。カーニバルの時は晴れて欲しいが、果たして。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月18日 東西南北  2月上旬は2週連続で新型コロナの感染者数が減っていたサンパウロ州。ところが、内陸部のアララクアラ市は変異株の市中感染確認で、15日から同州初のロックダウンに入った上、サンパウロ市やカンピーナス市でも変異株や市中感染を確認し、苦しい事態になっている。アララクアラではロックダウン […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]