ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ。韓国は今、「韓国版ラヴァ・ジャット」とも呼ばれる汚職疑惑で揺れており、サムスンは、大統領職を罷免された朴槿恵氏の友人の基金に大口の寄付をした引き換えに便宜を図ってもらったとされる企業だ。ルーラ元大統領をはじめとする労働者党への攻撃でも知られるドリア市長だが、気をつけた方がよいか。
     ◎
 サッカーのサンパウロ州選手権の4強が出揃った。顔ぶれは、パルメイラス、サンパウロ、コリンチャンス、そして、2連覇中だったサントスを準々決勝で下したポンテ・プレッタだ。準決勝は16日に第1試合が、22、23日に第2試合が行われ、組み合わせはサンパウロ対コリンチャンス、ポンテ・プレッタ対パルメイラスとなる。注目はポンテを牽引する昨年全国選手権得点王のポッチケル。彼が優勝候補筆頭のパルメイラスにどこまで奮闘するか見ものだ。
     ◎
 10日未明、サンパウロ市東部イタケーラのカルモ公園内の草むらで、10歳から15歳くらいと見られる少女の遺体が発見された。遺体は布で包まれ、学校の制服を着ていたという。少女はダウン症を患っていたとされ、警察が現在、少女の身元を確認中だ。どのような手口で少女が殺されたのかは、法医学研究所で検死解剖を行って確認することになっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]