ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ブラジル連邦検察庁が26日にテメル大統領を起訴したことは、世界中の有名メディアでも写真付で報道された。アメリカではニューヨーク・タイムスにワシントン・ポスト、イギリスはBBCやガーディアン、スペイン語圏はエル・パイスなどだ。経済系も、ウォール・ストリート・ジャーナルやファイナンシャル・タイムスなどが大きく報じた。昨年8月にジウマ前大統領を正式に罷免後、1年足らずのタイミングで次の大統領が危機に瀕していることの衝撃が大きいということか。経済的にも景気が上向きはじめた途端のこの話。世界もこの混乱に注目しているが、今後どうなるか。
     ◎
 昨日付本頁で報じた、25日にサンパウロ市アウグスタ街で起こった、スケートボードのイベントでの車乱入事故の詳細が明らかとなった。事故当時、同街には車立ち入り禁止のサインが出ておらず、事故直前もバスなどが走っていた。スケーター3人をはねた車の運転手(55)も、立ち入り禁止と知らずに同街に入り、一時停車した途端にスケーターの集団に窓ガラスなどを壊された。後部座席にいた80歳の母親がガラスで負傷したのを見た運転手は、リンチにあうのが怖くて車を発進、大急ぎで逃げたという。
     ◎
 今日と明日、サッカーブラジル杯準々決勝の第1試合が行われる。サンパウロ州勢ではパルメイラスが本拠地アリアンツ・パルケでクルゼイロと、サントスがリオのルーゾ・ブラジレイロ競技場でフラメンゴと、いずれも今日対戦する。同杯はトーナメントに突入した後の試合間隔が長く、調整が難しいが、まず初戦は勝っておきたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月19日 東西南北  18日付アゴラ紙によると、今年はサンパウロ市で結膜炎(コンジュンチヴィテ)が流行しているという。結膜炎の特徴は、目が赤くなり、目ヤニが多発することなどだが、市の調べによると、今年は5月14日の時点で684件の症例が確認されているという。昨年の同時期は102件だったから、その数 […]