ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 G20でも空元気とも思える前向きさを見せているテメル大統領。その一方で、自身の告発での下院での判断の雲行きはさっぱり見えず、ついには「マイア議長、大統領代行待望論」なるものまでささやかれる始末。ジウマ大統領が正式に罷免されてまだ1年もたたないのに、今度は大統領の職責継承権2位の下院議長にまで、国政の責任者としてのチャンスが回ってくるかもしれない事態になろうとは。ブラジルの政界スキャンダルはかねてから、人気テレビ・ドラマの「ハウス・オブ・カード」に喩えられてきたが、今や、同じ人気ドラマでも、ファンタジー戦国合戦の「ゲーム・オブ・スローンズ」に近くなって来たか。
     ◎
 7日の現地紙の話題を独占した写真は、労働者党政権と現政権の重要閣僚を務め、テメル大統領の右腕的存在でもあったジェデル・ヴィエイラ・リマ氏が丸刈りにされた上、逮捕継続を宣言されて涙ぐむ姿だった。この逮捕後の丸刈りは元リオ州知事のセルジオ・カブラル被告や元ブラジル一の大富豪のエイケ・バチスタ氏にも施されたが、先日釈放された「カバンの男」ことロドリゴ・ロシャ・ロウレス氏は拒んだことで注目された。次に頭を丸めるのは誰?
     ◎
 ロジェリオ・セニ監督解任後、結局は、前サントスのドリヴァル・ジュニオール監督を迎えたサンパウロFC。全国選手権での同チームは明日、敵地でのサントスとのクラシコ(伝統カード)を戦う。だが、就任からあまりに急ということもあり、新監督は明日はベンチ入りせず。サンパウロとしては早く降格圏内から抜け出したいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年7月11日 東西南北  現地紙は昨年、ジウマ前大統領が議会での罷免審理に入る少し前から、棒グラフを使って賛成と反対の勢力を色別に示し、話題を呼んだ。今はテメル大統領がその対象となっており、下院憲政委員会(CCJ)での大統領告発受理に関する棒グラフが出始めている。それによると、「わからない」とする議員 […]
  • シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ2016年12月6日 シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ  11月末コロンビア、メデリン近郊で起きた搭乗機墜落事故で死亡した、サッカーチーム、シャペコエンセの選手たちの遺体が今月の3日、サンタカタリーナ州シャペコー市に搬送され、ホームスタジアム、アレーナ・コンダーで追悼式典が行われたと、4、5日付現地紙・サイトが報じた。  この […]
  • サンパウロ州選手権=順当に伝統チームが八強入り=警備に頭を悩ます警察2016年4月12日 サンパウロ州選手権=順当に伝統チームが八強入り=警備に頭を悩ます警察  サッカー・サンパウロ州選手権1部の第一ラウンド最終節が10日に終了した。 サンパウロ州伝統の4強、コリンチャンス、サンパウロFC、パルメイラス、サントスFCは共にベスト8、準々決勝進出を決めたが、その事がサンパウロ州サッカー連盟(FPF)の悩みの種となった。 準々決勝は次の週 […]
  • 東西南北2013年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月5日付け […]
  • 東西南北2012年9月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年9月28日付け […]