ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日に実刑判決を出されて以来、ブラジルの話題を集めるルーラ元大統領だが、それに伴い、同氏の痛烈な批判者として知られる、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長も注目を集めている。ここ連日、市長がルーラ氏に関して何か言うたびにマスコミの話題になるため、他の政治家からは「まるでオウムのようだ」と揶揄されたり、左翼系と思われる人から自宅が落書されたりという被害にも遭っている。だが、それでも市長のルーラ批判は止まらず、16日には「PT政権が改革したのは三層住宅と別荘だけだ」と、ルーラ氏の裁判の大元となっている疑惑物件に絡めたジョークまで飛び出した。舌戦としてはなかなか面白いが。
     ◎
 本格的に乾季に入ったサンパウロ市では、6月14日以来、雨が降っていない状況に陥っている。幸い、5月と6月上旬は雨がかなり降ったのでなんとかなってはいるものの、雨季が戻る前までにはなんとか湿気を取り戻してもらいたいところ。また、今のような乾燥した季節では咳や鼻水が出やすくなる。水分を多めにとって、うがいをし、寝る前に加湿器を作動させるなどして、体調を壊さない努力もおすすめだ。
     ◎
 コリンチャンスが首位を快走し、サントス、パルメイラスもリベルタドーレス杯進出圏内をキープしているサッカーの全国選手権だが、サンパウロ州4強でサンパウロFCだけがすっかり蚊帳の外。16日の対シャペコエンセ戦でも0―2といいところなく敗れ、これで9戦連続で勝ち星なし。順位は降格圏内の18位に低迷中だし、何とか浮上のきっかけを掴みたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》フラメンゴ、18歳のFWが終了間際に決勝点=2位パルメイラスとのマッチレースは続く2019年11月9日 《ブラジルサッカー》フラメンゴ、18歳のFWが終了間際に決勝点=2位パルメイラスとのマッチレースは続く  11月6、7日にブラジル全国選手権1部リーグ第31節が行われ、2位のパルメイラス、首位のフラメンゴは共に勝利。勝ち点差は8のままで、第32節に臨む。  フラメンゴに先駆け、6日に試合を行ったパルメイラスは、敵地のヴァスコ・ダ・ガマ戦で2対1と勝利。翌7日に試合を行う […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]
  • ブラジル杯ベスト16出揃う=準々決勝進出かかる対戦カードも決定2018年4月21日 ブラジル杯ベスト16出揃う=準々決勝進出かかる対戦カードも決定  全国選手権と並び、ブラジル国内サッカー2大タイトルの一つ、ブラジル杯の組み合わせ抽選会が20日に行われ、準々決勝進出チームを決める八つの対戦カードが決定した。  この大会にはブラジル全土から91チームが参加し、トーナメント戦で優勝チームを決定する。  91チームと言っても […]
  • 東西南北2018年4月18日 東西南北  パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同 […]
  • サッカー全国選手権最終節=名門インテルまさかの降格=コリンチャンスはリベルタドーレス出場権逃がす2016年12月13日 サッカー全国選手権最終節=名門インテルまさかの降格=コリンチャンスはリベルタドーレス出場権逃がす  ブラジリア時間11月29日未明に発生した、シャペコエンセ搭乗機墜落事故の影響で、一週間順延された、サッカーのブラジル全国選手権最終節が11日に行われた。  優勝はパルメイラスに決まっていたが、シャペコエンセ対アトレチコ・ミネイロ戦を除く9試合は、11日午後5時にブラジル […]