ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日付本欄で報じた、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長がブラジル北東部へ出向いてばかりで、サンパウロ市内での道路、公園、信号などの整備に対応しないとのアゴラ紙の皮肉に対し、ドリア市長が返答した。同市長は「私は1日に16時間でも18時間でも働く。疑うなら一緒に行動してみてもいいよ」と語った。さらに国内外へ出向くことに関しては、「民営化事業に携わる企業の人が出向けない場合は私が行く」との見解を示した。ドリア市長は17日に、北東部からサンパウロ市に戻った後、同じく働き者の実業家というイメージの強いSBT局社主の名物司会者、シウヴィオ・サントスとの会合も行った。この2人の会話なら実業界的にも気になる話か。
     ◎
 ここ数日は雨模様で気温も低下中のサンパウロ州。まだ8月ということで霧雨状態が目立ち、降水量が一気に増えないのがもどかしいところもあるが、それでも、サンパウロ州の主要水系では現時点で、月間平均降水量の50%から70、80%は降っている。7月はカラカラ天気で各水系の水位が落ちたため、雨は可能なだけ降ってほしいが、幸いなことに雨模様の天気は週末まで続くとのこと。現在、カンタレイラは60%、アウト・チエテは55%をやや切る水位だが、もう少し上がってほしい。
     ◎
 先週の日曜日に、PSGの選手としてフランス・リーグでデビューしたネイマールが、明日20日はいよいよ本拠地パルク・デ・プランスで、パリ市民の前での初の試合、対トゥールーズ戦に登場となる。この試合は午後4時よりスポーツ専門のESPN局で放送の予定だが、今年はテレビでのPSG戦中継が増えそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代2020年9月18日 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]