ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーのフランス・リーグで20日、ネイマールがPSG移籍後、初めて、本拠地パルケ・デ・プランスでの試合に出場した。パリ市民の前での初試合は対トゥールーズ戦で、6―2で圧勝。ネイマールは終始、中心になってゲームを作り、先制点とダメ押しの6点目の2点、さらに1アシストという大活躍ぶりだった。もはや雰囲気としては「ネイマール劇場の座長さん」といった風格もあった。当然、ブラジルでも話題を呼んだが、この試合経過がブラジルでの全国選手権のテレビ中継の合間に随時入ってくるために、「おらがチームの試合をちゃんと流してくれ」とテレビ局への苦情も耐えなかったとか。しばらくはこの状態が続きそうだ。
     ◎
 18日早朝、サンパウロ州サントスのポンタ・ダ・プライアで、連邦警察と麻薬の運び屋が銃撃戦を行い、運び屋4人が死亡、3人が逮捕される事件があった。連警はこの日、259キロの麻薬を乗せた船舶がサントス港に到着するとの情報を得て待ち伏せしており、それに気付いた犯人たちがヴィセンテ・デ・カルヴァーリョ地区に逃げようとして、前述のような銃撃戦となった。船からは、ジュースのケースに隠したマシンガン2丁も押収されたという。
     ◎
 サンパウロ州一帯は先週末、先週後半からの雨が引き続いて降った。特に20日の日曜日は、水系によっては30ミリ以上の大雨になり、州6大水系の全てが月間平均降水量を上回った。8月は1年で最も雨が降らない月だが、7月にほとんど降らなかったことを考えると嬉しい。いい形で雨季に流れてほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代2020年9月18日 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]