ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、サンパウロ市では、16年7月~今年6月に軍警が絡んだことによって亡くなった人が361人おり、1日に1人が軍警に殺された計算になる。地区別の内訳を見ると、東部が36%と最も多く、南部が24%、北部が22%で続いている。また、犠牲者の95%が男性だという。さらに年齢別で見た場合、14歳~17歳が全体の17%を占めるという。また、市全体の殺害者の総数で見ても、軍警が介入した死者は22・7%を占めている。市民が頼りたいはずの軍警がこの有様では不安が募る。
     ◎
 大サンパウロ市圏サンタイザベルで14日、17歳の少年が35歳の元軍警が所有していた銃で、元軍警のいとこで16歳の少年の頭を撃って殺してしまう事件が起きた。この2人と元軍警の15歳の弟はサンパウロ市在住だが、この日は同市にある元軍警の農園を訪れていた。この惨事は元軍警がパンを買いに出ていた間に起きており、屋外で車の音がしてライトの光を見た3人が不審に思い、弟がビデオゲームの箱の中から取り出した銃を手に様子を見に行ったが、隣の釣堀に着ていた釣り人と知り、銃を持って引き返す途中、誤って引き金を引いてしまったという。
     ◎
 パルメイラスの監督に復帰したクッカ氏が、またも辞任した。ブラジル杯、リベルタドーレス杯で敗戦した上、12日の全国選手権の対バイーア戦で引き分けたのが決定的な理由だったという。バイーアは15日にも首位コリンチャンスを2―0で下しており、現時点の順位も、13位のサンパウロより上の10位なのだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2019年10月18日 東西南北  ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]