ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 来年10月の投票日まで1年を切り、そろそろ大統領選関係のニュースも気になりはじめるところだが、ダッタフォーリャの調査によると、伯人の場合、教会の実力者の薦めなどに関係なく、自分の意思で投票するという人が80%を超えるという。「薦めに従う」という人はカトリックで6%、福音派でも16%に過ぎなかった。ただ、その反面、「宗教的信仰を持たない候補者」は52%が拒絶率を高い傾向があり、福音派候補の24%、カトリック派候補の16%を大きく上回っていることもわかった。こうした宗教的な背景で、大統領選の投票日に最も恩恵を受けることになるのはどの候補か?

     ◎

 20日夜、サンパウロ市南部サント・アマーロのノッサ・セニョーラ・デ・サバラー大通りで、自転車に2人乗りしていた男子高校生2人が、猛スピードで走ってきた飲酒運転の車に追突され、共に命を失った。2人は学校からの帰りで、追突された瞬間に共に前方に投げ出され、1人は電柱で頭を強打、もう1人は道路に倒れ、バスの下敷きとなったという。証言者によると、運転手はかなりの速さで蛇行運転をしていたという。運転手は800メートル先でやっと止まったが、救助もせず逃げようとしたという。

     ◎

 サッカー全国選手権。このところ好調のパルメイラスは敵地ポルト・アレグレでのグレミオ戦を3―1で快勝。ヴァレンティン新監督に代わってからこれで3連勝で、順位も一気に2位に浮上。首位コリンチャンスの背中が見えるところまで来た。3位サントスまで、サンパウロ州勢同士での首位争いも楽しみになってきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]