ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーW杯開催まであと3週間というところで、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、「過度に大きな音を出す花火の使用を禁止する」法案を採択した。市は90日以内に、この法案を法制化することになる。これによると、打ち上げ花火は今後、大きな音を出さないものか、視覚効果だけのもののみ利用可能で、規格外のものを使用すると2千レアルの罰金になるという。これは、高齢者や子供、ペットなどに花火の騒音が有害との判断からの立案だった。花火業者は早速、猛反対しているという。ブラジルでは、サッカーの大事な試合や祝い事の日に花火は欠かせない存在となっているが、果たして?
     ◎
 22日夜、サンパウロ市西部の中流住宅街ヴィラ・オリンピアのロシオ通りで警察と強盗の銃撃戦が発生し、近くを通りかかった36歳の男性が足に銃弾を受けて負傷する事件が起きた。男性は病院で手当てを受け、大事には至らなかった。4人いた強盗のうち、19歳の容疑者1人が逮捕され、盗んでいた携帯電話やパソコンなどを取り戻した。同地区は洗練されたレストランやバーの存在でも知られているが、それらを狙った犯罪がこの半年で増えているという。
     ◎
 23日のサッカーのブラジル杯。パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでのアメリカMG戦で引き分けたが、9日の同戦で勝利していたために2試合の合計スコアで上回り、準々決勝進出を果たした。これで、パルメイラス、コリンチャンス、サントスのサンパウロ州の3チームは共に同杯準々決勝、さらにリベルタドーレス杯の決勝トーナメントに進むこととなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]