ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 黄熱病ショックに襲われているサンパウロ市だが、新たな猿の死体が見つかったことで、市立の公園では最大のアニャンゲーラ公園(ペルース)が25日より閉鎖された。これで、同市での黄熱病対策で20日以降に閉鎖された公園は、州立カンタレイラ公園、オルト・フロレスタル公園に次いで三つ目(いずれも北部)となった。今年見つかった黄熱病患者は森林地帯で発生するタイプで、サンパウロ州内でも22件の症例が確認されている。ブラジルでは、市街地での人への感染は1942年以降見られていないが、市街地で感染すれば拡大が早いため、強い関心と恐れが持たれている。注意が必要だとされた北部の3地区、およびその周辺の住民は気が気でないだろうが、冷静さが必要だ。
     ◎
 25日にインドで行われたサッカーのU17W杯準決勝で、ブラジル代表はイングランドに1―3で敗れ、悲願の優勝には手が届かなかった。「最強世代」とも呼ばれていた代表もここまでよく奮闘していたが、最後はやはりエース、ヴィニシウス・ジュニオールの召集がフラメンゴによって拒否されたのが響いたか。ただ、選手たちの今後を考えれば、これはまだはじまり。この悔しさを今後のサッカー人生での成長に生かしてほしい。
     ◎
 予報だと、昨日あたりからパラナ州とマット・グロッソ州に強い雨などをもたらしている寒冷前線が北上中で、10月最後の1週間のサンパウロ州の天気は不安定で、雨が降りやすくなるという。天気図を見ると、ミナス州からゴイアス州にかけては長い間、乾いた大気の塊が居座っているが、これがいつ崩れるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目2018年6月16日 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目  4年に一度のサッカーの祭典FIFAワールドカップが、いよいよ14日に始まった。世界各地域の予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、7月15日までの一カ月をかけてサッカー世界一を決める。ロシア大会は21回目で、ブラジルは世界で唯一、全ての大会に出場し、世界最多 […]
  • リベルタドーレス2017=予選リーグが佳境を迎える=ブラジル勢6チームが決勝トーナメント出場圏に2017年5月6日 リベルタドーレス2017=予選リーグが佳境を迎える=ブラジル勢6チームが決勝トーナメント出場圏に  サッカー南米最強クラブチームを決めるリベルタドーレス杯。今年は大会形式が変更され、ブラジルからの出場枠が増えた上、大会期間も長くなった。  32チームが4チームずつ、8組に分かれて、ホーム&アウェイ方式で2回戦総当り、各6試合を戦う形式の予選リーグも、4~5節まで消 […]
  • 東西南北2016年10月8日 東西南北  ジョアン・ドリア氏の当選により、「サンパウロ市は来年以降どうなるのか」の議論が早くもはじまった。7日付アゴラ紙は「ドリア市長就任でなくなりそうな自転車道はどこか」との予想記事を掲載。東部ジャルジン・エレナのアリヴェイラ・フレイレ大通りや、セントロのミニョコン真下の自転車道がな […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]