ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 18日付エスタード紙によると、テメル大統領は10月の大統領選に再選を目指して出馬することをほのめかしたとか。最終決定は6月だが、ここまで進めてきた自分の政治を継続して行いたいということか。もっとも、支持率が10%に満たない状態では、キャンペーン中の選挙放送の時間が豊富にあるとは言っても、当選できるだけの得票確保はかなり難しいだろう。挽回のカギは、選挙時まで経済成長が持続することと、現在のリオの直接統治が、マリエーレ・フランコ氏の事件の解決も含めて、成功すること以外にない気も。中道候補の票割れを促進させる可能性もあるが、果たしてどうなるか?
     ◎
 サッカーのサンパウロ州選手権の準々決勝第1試合は、サンパウロ州4強中、パルメイラス以外の3チームが勝利を逃すという波乱のスタートとなってしまった。サンパウロはサンカエターノに、コリンチャンスはブラガンチーノに敗れ、サントスはボタフォゴSPに引き分けた。第2試合は20~22日に4強たちの本拠地で行われるが、既に点差も十分に離してあるパルメイラス以外の3チームは、ギッシリ埋まった味方のファンの前で恥をかかないようにしたい。
     ◎
 サンパウロ市インテルラゴス・サーキットでは今週末にロック・フェスティバルのロラパルーザが開催されるが、18日、ブエノス・アイレスでのアルゼンチン版の3日目が豪雨のために開催中止となってしまった。サンパウロ市の今週の天気予報は日によっては大雨の予報があり、19日昼も突然、大雨が降った。悪い連鎖がなければ良いが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す2019年9月17日 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す  14、15日にかけてサッカーブラジル全国選手権1部リーグ第19節の10試合が行われた。  全38節の折り返しとなる第19節で、もっとも注目されたのは1位フラメンゴと、2位サントスFCの直接対決だ。  マラカナン競技場に6万8千人を超える大観衆を集めたこの試合は、フ […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]