ホーム | コラム | 樹海 | 「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?

「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?

リオ市内のファベーラの街頭に立つ陸軍兵士たち (Taia Reo/Agencia Brasil)

リオ市内のファベーラの街頭に立つ陸軍兵士たち (Taia Reo/Agencia Brasil)

 ここ1カ月のリオの動き、連邦政府による治安部門の直轄統治は、「選挙対策」として見ると興味深い。現政権が腕まくりして取り組んできた社会保障制度改革が、週明けの下院承認がムリだと噂され出した2月16日、テメルは突然、直接統治暫定令を出した。しかも、社会保障制度改革を通すために必要だった両院での賛成議員数をはるかに上回る票を得て、直接統治令は正式承認された。テメルの面目は立った。
 政治経済コメンテイターのカルロス・サルネンベルグ氏は2月21日朝のCBNラジオで「これはリオが緊急事態だからやったんじゃない。社会保障制度改革を可決させられないから、ごまかすために直接統治を始めたんだ。リオの治安のためといえば誰も文句を言わない」とコメントした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 10月のリオの選挙はMDBに厳しく!2018年2月23日 10月のリオの選挙はMDBに厳しく!  16日に突如として連邦政府から発表された、リオ州における直接統治。治安部門だけとは言えども州の自治は奪われ、陸軍が統括の中心になるわけだから、強い拒絶反応が起こっても本来ならばおかしくはない。だが、リオの治安があまりにも不安定で先行きが見えないことから、今回の件に関し […]
  • 《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番2017年6月13日 《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番  「裁判官として、墓地の穴掘り人の役割は拒否する。通夜に足を運んでもよい、だが、棺桶をかつぐ気はない」。注目のジウマ/テメル・シャッパ裁判で無効を強弁したヘルマン・ベンジャミン報告官が語った、この言葉は実に興味深い。棺桶の中に横たわっているのは「司法」そのものを示唆して […]
  • 大衆迎合的な独裁政権への道?=ブラジル大統領選どっちが勝っても=パラグァイからの見方=アスンション在住 坂本邦雄2018年10月19日 大衆迎合的な独裁政権への道?=ブラジル大統領選どっちが勝っても=パラグァイからの見方=アスンション在住 坂本邦雄  去る7日(日)、ブラジルの総選挙第1ラウンドで、極右の大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏が圧倒的な勝利を得た事は、ラテンアメリカの政治図を右寄りに転向させる一方、世界で近頃は又人気が上昇傾向の、強権指導者台頭に良い追風になりそうである。  アメリカのドナルド・トラン […]
  • 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦2017年6月2日 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦  昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形 […]
  • 「俺は全ての会話を録音している」デウシジオ元上議の爆弾発言2016年5月21日 「俺は全ての会話を録音している」デウシジオ元上議の爆弾発言  「ラヴァ・ジャット作戦では、すでにペトロブラス(PB)重役、取引先建設会社の経営陣、それをつないだ闇取引仲介業者、マルケテイロ(選挙運動責任者)が捕まった。次の捜査の標的は誰か? 彼らを裏で操っていた政治家に決まっている」「郵政公社汚職の議員調査委員会(05年)の頃から、僕は […]