ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 28日付現地紙では、ルーラ元大統領と、最高裁でのラヴァ・ジャット作戦担当報告官のエジソン・ファキン判事の双方が脅しにあったことが報じられた。それだけ、国内の政治に関して、両極化した勢力の緊張感が高まっているということなのだろうが、当人たちの命まで脅かすような行為をとることは、自分たちの主張の価値を下げるだけでしかなくなるのでは? こうした状態は10月の大統領選まで続きそうな気配すらあるが、仮に国民の誰かが暴走して、犠牲者が出るような事態が起こったりしたら、ブラジル内の政局にも大きな影響を及ぼしそうな気が。抗議行動はくれぐれも、平和的に行ってほしいものだ。
     ◎
 27日夕方、サンパウロ大都市圏で激しい夕立があり、それに伴う混乱が生じた。サンパウロ市内では32本の倒木が記録されたし、CPTM12号線では雷の影響で電気系統が故障して、3時間ほど減速運転を強いられた。グアルーリョス市では、アイルトン・セナ高速道のサンパウロ市方面と内陸部方面の両車線で冠水が起き、一時的に通行不能となった。もうすぐ雨季も終わるが、降り納め前の最後の混乱といったところか。
     ◎
 27日に、サンパウロ市西部のパカエンブー競技場で行われた、サッカーのサンパウロ州選手権の準決勝第2試合、パルメイラス対サントス戦は、サントスが2―1で勝利したが、第1戦はパルメイラスが1―0で勝っていたため、合計スコア2―2の同点でPK戦にもつれ込んだ。パルメイラスはこのPK戦を5―3で勝利し、3年ぶりの同大会決勝進出となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]
  • 東西南北2018年4月18日 東西南北  パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同 […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年7月18日 東西南北  12日に実刑判決を出されて以来、ブラジルの話題を集めるルーラ元大統領だが、それに伴い、同氏の痛烈な批判者として知られる、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長も注目を集めている。ここ連日、市長がルーラ氏に関して何か言うたびにマスコミの話題になるため、他の政治家からは「まるでオウム […]