ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エスカーラ作戦=深まるテメル大統領への疑惑=R社の資料に名前登場=元軍警の友人の企業名も=〃親友〃への包囲網狭まる

《ブラジル》エスカーラ作戦=深まるテメル大統領への疑惑=R社の資料に名前登場=元軍警の友人の企業名も=〃親友〃への包囲網狭まる

3月28日のテメル氏(Marcos Corrêa/PR)

3月28日のテメル氏(Marcos Corrêa/PR)

 【既報関連】3月29日に行われたエスカーラ作戦は、テメル大統領の旧知の友人、ジョゼ・バチスタ・リマ・フィーリョ元軍警大佐らの逮捕にも及んで話題を呼んだが、連邦警察が疑惑の港湾企業、サンパウロ州サントスのロドリマル社で押収した資料の中に、テメル氏の名前やリマ氏の企業に言及しているものが見つかっていると、3月31日~4月1日付エスタード紙などが報じている。

 テメル大統領はエスカーラ作戦後、リマ氏を含む親友2人が逮捕されたことに関して、「私から政治生命を奪おうとする陰謀だ」とし、強い不快感を示し、改めて自身の身の潔白を主張した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ