ホーム | コラム | 樹海 | ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?

ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?

シロ・ノゲイラPP党首(Partido Progressista PI)

シロ・ノゲイラPP党首(Partido Progressista PI)

 ここ数年、伯国政界を語るのに欠かせない話題と言えばラヴァ・ジャット作戦だ。伯国のみならず全世界規模で見て最大級の汚職捜査。「このラヴァ・ジャットの存在が政界の未来を明るくしてくれる」。そう信じている人は多く、国民の8割以上が捜査継続を求めている▼コラム子も捜査そのものが開始された2014年からずっと賛成しているし、長い目で国民の倫理観を養う意味で大切なものだとも思う

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ