ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》高等選挙裁判所がフェイクニュースに初の判断=マリーナ氏の虚偽報道に削除命令=「LJで収賄を行った」など

《ブラジル》高等選挙裁判所がフェイクニュースに初の判断=マリーナ氏の虚偽報道に削除命令=「LJで収賄を行った」など

マリーナ氏(José Cruz/Agência Brasil)

マリーナ氏(José Cruz/Agência Brasil)

 高等選挙裁判所(TSE)は7日、SNS大手のフェイスブック(FB)に対し、大統領選候補のマリーナ・シウヴァ氏(REDE)に関するフェイクニュース(虚偽報道)について、記事の削除をはじめとし、責任を追及する内容の判決を下した。選挙関連のフェイクニュースに対する初の対策的判決となった。8日付現地紙が報じている。
 マリーナ氏やREDEが問題としたのは、FB上のサイト「パルチード・アンチPT(反労働者党)」が2017年に掲載した、同氏に対する噂だ。このサイトの読者は170万人に上る。そこに、マリーナ氏が「ペトロブラス汚職に関与している」などという情報を流していたのだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ