ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日は「恋人の日」だったブラジル。他の国では2月14日のバレンタイン・デーがそれにあたるのに、なぜブラジルだけ違うのか。その疑問に同日付G1サイトが答えているが、なんとジョアン・ドリア前サンパウロ市市長と同名の同氏の父が絡んでいるという。それによると、1948年、当時、サンパウロ市の大手広告会社社長だったドリア氏の父は、毎年6月は売り上げが落ちるため、その対策として、「母の日」などを参考にして「恋人の日」を作ったところ、これが功を奏し、以後、習慣化したという。ドリア家の商才は伝統的なものなのか。なお、日本のバレンタインのチョコレートを送る習慣も、このような商戦上の理由によるものだ。
     ◎
 今日13日は、サッカーの全国選手権、第12節の全10試合中9試合が行われる。また、W杯開催期間中につき、これをもって、同選手権1部リーグはいったん1カ月にわたる休みに入る。普段は他の国では例を見ないほど、週2回、きっちりと試合予定が入っている状況を考えると、この期間は貴重な休息期間となる。次の第13節は、W杯が終わった直後の7月16~18日に試合が行われる予定だ。
     ◎
 12日付アゴラ紙によると、サンパウロ市西部のピニェイロスからヴィラ・マダレーナに至る地域では、この15日間で略奪行為の被害に遭ったバーが3軒もあったという。このあたりは、市内でも有数の若者が多く集まる地域で、バーやレストランが多数、店を構える地域なので注意が必要だ。そうでなくても、これからはW杯もはじまり、人が集まる機会が増えるから、なおさらだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]