ホーム | 日系社会ニュース | 愛の募金活動、今年で43年目=日本人学校、福祉4団体に寄付

愛の募金活動、今年で43年目=日本人学校、福祉4団体に寄付

贈呈式に出席した関係者

贈呈式に出席した関係者

 聖市カンポ・リンポ区にあるサンパウロ日本人学校(吉田直人校長)は「愛の募金活動」で父兄から集めた物品および寄付金を、日系福祉4団体に寄付した。26日、援協本部の駐車場で贈呈式が行われた。
 PTA社会奉仕部が毎年実施しており、今年で43回目。衣類、雑貨、食器、靴、タオル、本など生活用品70箱以上が希望の家、こどもの園、憩の園、サンパウロ日伯援護協会、やすらぎホームに寄贈された。
 吉田校長は「毎年渡すのを楽しみにしながら活動している。このような活動を通し、日系社会と共に歩んでいきたい」と話し、同社会奉仕部の出戸恒子部長も「遠く離れた伯国で安心して暮らせるのは日系社会の皆さまのお陰。少しでもお役に立てれば」と語った。
 福祉4団体を代表して挨拶した与儀昭雄援協会長は「政治経済情勢の厳しいなかで、このような支援はとても有り難い。心からのお礼を申し上げる」と謝意を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ