ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏が28日にグローボ局で行ったインタビューの際、教育省批判のために使い、実物まで見せた、「子どものための同性愛教育に使っていた本(キット・ゲイ)」が、実際には学校で使用されていなかったことが明らかになった。教育省によると、2011年に同著を28冊購入したものの、公立の図書館に回しただけで、教育の現場では使用していなかったという。これに対し、同氏は翌29日も「教育省は嘘つきだ」と批判しているが、その後も教育現場で使われたという証拠はあがって来ず。相手を攻める前に自身の「勘違い」かどうかの確認も必要では。

     ◎

 サンパウロ州保安局が、今年の上半期における軍警の死者と負傷者の数を発表した。それによると、通常勤務の軍警は、前年同期と比べて死者が7人から5人に、負傷者も88人から78人に減っているものの、勤務外の私服の場合は、逆に死者が15人から19人、負傷者が60人から79人に増えていた。警官だと顔も犯罪者から覚えられやすく、休みのときを狙われやすい。また、休みでも急な犯罪には対処しなくてはならない。何らかの対策は必要か。

     ◎

 29日のサッカーのリベルタドーレス杯。コリンチャンスは本拠地イタケラでの対コロコロ(チリ)戦を2―1で制し、第1戦との合計スコアを2―2としたが、準々決勝進出を逃した。それは、「アウェイ・ゴール」という、敵地での試合で挙げた得点差で勝敗を決めるルールによるものだ。コリンチャンスは第1戦を無得点で落としていた。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2018年8月10日 東西南北  先月22日、パラナ州で弁護士の妻タチアネ・スピッツネルさんを殺害した容疑で逮捕された、夫で教員のルイス・フェリペ・マンヴァイレル容疑者に対する起訴状を、同州地裁が受理、同容疑者は被告となった。同容疑者はタチアネさんが4階から落ちた後、遺体を自宅まで運んでから逃亡したが、事故を […]
  • 東西南北2017年4月7日 東西南北  6日付アゴラ紙によると、サンパウロ市役所が市内46の教育統合センター(CEU)での文化プログラム二つの資金を凍結している。これにより、4千人以上の子供たちと4千人以上の大人たちが、ダンスや演劇などのレッスンを受けられなくなっている。ドリア市政は財政切り詰めで43・5%の文化予 […]
  • 東西南北2016年4月20日 東西南北  伯国ではまだ、17日の下院でのジウマ大統領に対する罷免投票の余韻が残っているが、ダッタフォーリャが15~17日に行った最新調査によると、ジウマ氏の罷免賛成派の59%、反対派では79%がテメル副大統領の罷免という考えに賛成だという。ちなみに反対は前者で37%、後者で14%だった […]