ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》女性軍警殺害の容疑者逮捕=PCCの麻薬密売リーダー

《サンパウロ市》女性軍警殺害の容疑者逮捕=PCCの麻薬密売リーダー

 10日、8月に他界した、軍警のジュリアネ・ドス・サントス・ドゥアルテ氏殺害に加担した容疑者の女性が逮捕された。11日付現地紙が報じている。
 サンパウロ州保安局によると、逮捕されたのは29歳の女性で、30日間の一時逮捕となる。この女性は、サンパウロ州を本拠とする大型犯罪組織の州都第一コマンド(PCC)構成員で、サンパウロ市南部のパライゾーポリスのファヴェーラでは麻薬密売のリーダーとしても知られている。
 ジュリアネ氏は8月6日、サンパウロ市南部のジュルバトゥーバに乗り捨ててあった車のトランクの中で遺体で見つかった。同氏は同月2日、パライゾーポリスのバーで非番の時間を過ごしていたが、携帯電話を盗まれた人物がいたため、軍警だと名乗って、犯人を探そうとした。だが、その直後にバーに侵入した覆面姿の男たちに軍警であることを気取られ、そのまま誘拐されていた。
 市警では、この女性がジュリアネ氏殺害を命じたと見ている。また、同容疑者逮捕の前に、ジュリアネ氏のバイクを乗り捨てた男性など、2人の容疑者を逮捕している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に2019年2月13日 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に  ファッション雑誌「ヴォーグ」のブラジル版編集長が、19世紀の奴隷制時代の女帝を想像させる衣装を着た写真をSNSに掲載したことで物議を醸した。  これは同誌編集長ドナタ・メイレレス氏が50歳の誕生日を祝う企画として、8日に自分のインスタグラムにあげたものだった。  これはバ […]
  • 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家2019年2月14日 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家  16日(土)の深夜12時、17日の午前0時に夏時間が終了する。サンパウロ州、マット・グロッソ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ゴイアス、ミナス・ジェライス、エスピリト・サント、リオ、パラナ、サンタカタリーナ、リオ・グランデ・ド・スル州の10州と、連邦直轄区では、16日の夜12 […]
  • 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難2019年2月9日 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難  ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。  まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社 […]
  • 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害2019年2月13日 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害  10人の犠牲者を出した8日のフラメンゴのトレーニング・センター火災からわずか3日後、同じリオ西部で、別のサッカー・クラブのユース選手が泊まっていた施設でも火災が発生した。こちらは惨事には至らなかった。12日付現地紙が報じている。  火災現場は、カンポ・ドス・アフォンソスにあ […]