ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ハダジ氏が当選時のルーラ恩赦を否定=「ご意見番」の立場は強調も=PT内部や政敵けん制=現実的な釈放の可能性は?

《ブラジル》ハダジ氏が当選時のルーラ恩赦を否定=「ご意見番」の立場は強調も=PT内部や政敵けん制=現実的な釈放の可能性は?

18日、CBNでのハダジ氏(Ricardo Stuckert)

18日、CBNでのハダジ氏(Ricardo Stuckert)

 労働者党(PT)の大統領候補、フェルナンド・ハダジ氏は18日、ラジオ局CBNのインタビューで、かねてから注目されていた、大統領当選時のルーラ元大統領への恩赦に関して「自分から出す気はない」との発言を行った。ただ、「ご意見番」としてルーラ氏をとらえていきたい旨も語っている。18日付現地サイトが報じている。

 ハダジ氏は18日、CBN局のラジオ・インタビューに出演。その冒頭で同氏は、収賄などで12年1カ月の刑を言い渡され、4月7日から服役中のルーラ氏について、「無実であり、司法上の誤りで服役している。それに対しては断固戦う」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ