ホーム | Free | 茶道裏千家=セラードの悠久を憩う茶会=ゴイアニア観光の特別ツアーも

茶道裏千家=セラードの悠久を憩う茶会=ゴイアニア観光の特別ツアーも

来社した一行

来社した一行

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)主催の「セラードの悠久を憩う茶会」を来月12日午後1時から、ゴイアス州アナポリス市にある陶芸家・本城正行氏のアトリエ(Rua de Retiro, Sao Vicente)で行う。参加費150レ。
 これはブラジル日本移民110周年祭典事業の一環として企画されたもの。セラードにある本城氏の広大なシャカラで開催される本席、立礼席の2席。連邦区にある日本料理店「ゆず庵」の点心やお土産も準備されているほか、陶芸体験も(別途100レ)。
 激しい乾季のあるセラードでは、その気候に適応した厚い樹皮の潅木などの特徴的な植生が見られる。本城氏は「点心に使用される器にも、その生態的特徴が作陶に反映されている。茶会を通じて、セラードの美を存分に楽しんでもらいたい」と期待を語る。
 なお、旅行社クイックリートラベルは、サンパウロからの参加者のため、茶会を中心としたパッケージツアーを提供している。10月11日から14日まで。シングル2539レ、ツイン2018レ。
 ツアーでは、心療治療で人気沸騰中のジョアン・ジ・デウスや、ゴイアニア市内観光など盛りだくさん。同センターの林まどか副会長、クリックリー・トラベルの文岡マミ取締副社長は「ゴイアニアを巡るツアーは珍しい。変わった場所がたくさんある。ぜひこれを機会に訪ねてみては」と参加を呼びかけた。
 茶会に関する問合せは、本城さん(61・99224・0846)、藤本さん(61・3368・7402)、池田さん(11・99119・0555)、山下さん(11・99272・8730)まで。ツアーの問合せ・予約は、クリックリー・トラベル(11・2198・8588)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ