ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボウソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダジ氏から奪いたい気持ちが強いから、なおさらだろう。討論会は10月4日のグローボ局を残すのみ。その時はボウソナロ氏も退院済みの見込みだが、出演にはドクター・ストップがかかっている。国民が最も注目する同局の討論会に出ないとアピールに欠けるし、出ると他候補の攻撃は避けられない。さて、どうするか?
     ◎
 26日、サッカーのブラジル杯の準決勝第2試合が行われた。イタケロンでのコリンチャンス対フラメンゴは、欧州強豪も目をつけはじめた期待の20歳、ペドリーニョの決勝ゴールで2―1、2試合合計でも同スコアで決勝進出を決めた。その一方、パルメイラスは敵地ベロ・オリゾンテでのクルゼイロ戦を1―1で引き分けたが、第1戦を0―1で落としたのが響き、決勝進出ならず。試合終了間際には苛立ちからか、乱闘騒ぎまで起こった。
     ◎
 24日、サンパウロ市南部ヴィラ・マリアーナで、クラウジオ・ロペス・カヴァさん(70)が、3人組の強盗に頭を銃で撃たれて死亡した。カヴァさんはこの日、自分が経営していたガソリン・スタンドから、2万7660レアルを持って銀行に向かう途中、バイクで囲まれ、逃げようとしたが撃たれた。容疑者はまだ判明していないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]