fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダジ氏から奪いたい気持ちが強いから、なおさらだろう。討論会は10月4日のグローボ局を残すのみ。その時はボルソナロ氏も退院済みの見込みだが、出演にはドクター・ストップがかかっている。国民が最も注目する同局の討論会に出ないとアピールに欠けるし、出ると他候補の攻撃は避けられない。さて、どうするか?
     ◎
 26日、サッカーのブラジル杯の準決勝第2試合が行われた。イタケロンでのコリンチャンス対フラメンゴは、欧州強豪も目をつけはじめた期待の20歳、ペドリーニョの決勝ゴールで2―1、2試合合計でも同スコアで決勝進出を決めた。その一方、パルメイラスは敵地ベロ・オリゾンテでのクルゼイロ戦を1―1で引き分けたが、第1戦を0―1で落としたのが響き、決勝進出ならず。試合終了間際には苛立ちからか、乱闘騒ぎまで起こった。
     ◎
 24日、サンパウロ市南部ヴィラ・マリアーナで、クラウジオ・ロペス・カヴァさん(70)が、3人組の強盗に頭を銃で撃たれて死亡した。カヴァさんはこの日、自分が経営していたガソリン・スタンドから、2万7660レアルを持って銀行に向かう途中、バイクで囲まれ、逃げようとしたが撃たれた。容疑者はまだ判明していないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年5月19日 東西南北  18日付アゴラ紙によると、今年はサンパウロ市で結膜炎(コンジュンチヴィテ)が流行しているという。結膜炎の特徴は、目が赤くなり、目ヤニが多発することなどだが、市の調べによると、今年は5月14日の時点で684件の症例が確認されているという。昨年の同時期は102件だったから、その数 […]
  • ブラジルサッカー=全国選手権の日程発表=コリンチャンスの連覇なるか?大型補強でパルメイラスの雪辱なるか?2018年2月7日 ブラジルサッカー=全国選手権の日程発表=コリンチャンスの連覇なるか?大型補強でパルメイラスの雪辱なるか?  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は5日、今年のサッカー全国選手権(ブラジレイロン)の日程を発表した。  今年も一部(セリエA)は全20チーム、ホームアンドアウエーの2回戦総当り方式で38節が行われる。 […]
  • U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ2017年10月31日 U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ  10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南 […]