ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=週末に二極化が激化=反ボウソナロ抗議は国際規模=親ボ集会も全国的に展開=投票まであと一週間切る

《ブラジル》大統領選=週末に二極化が激化=反ボウソナロ抗議は国際規模=親ボ集会も全国的に展開=投票まであと一週間切る

ボウソナロ抗議活動(Rovena Rosa)

ボウソナロ抗議活動(Rovena Rosa)

 9月29日、全国62の都市で極右大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対して、女性を中心とした抗議活動が行われた。翌30日は、全国26都市でボウソナロ氏を支援する集会が行われ、大統領選の二極化を印象付けた。9月30日、1日付現地紙が報じている。

 9月29日に行われた反ボウソナロ抗議行動は、SNSのサイト「ボウソナロ氏に反対する女性たち」がはじめた「エレ・ノン」運動が発展したものだ。この運動は9月中旬以降、国内外の女性芸能人らの支援も受けて、ネット上で大きく広がっていた。前述のサイトの登録者は380万人とも言われている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ