ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのところ、有名人たちの支持表明が続いているボルソナロ氏が、キャンペーン中から何度も繰り返している「一次投票で勝つ」宣言が実現するのか、ハダジ氏が踏みとどまるのか、あるいは考えられなかったような別の奇跡的展開があるのか。いずれにせよ、決断は有権者の手にかかっている。
     ◎
 投票日は1日中慌しいため、この週末は、サッカーの全国選手権も変則的な日程で行われている。コリンチャンスやサントスは昨日5日に既に試合を行っているが、今日は18時からサンパウロ市モルンビでサンパウロ対パルメイラスのクラシコ(伝統カード)が行われる。パルメイラスの応援団は最近、ボルソナロ氏の名を使って同性愛者差別を煽る歌を合唱して問題となったが、くれぐれも、試合の場にはそういった問題を持ち込まないよう願いたい。
     ◎
 気になる明日7日のサンパウロ市の天気だが、予報だと30ミリと、かなりの雨が降るという。もっとも今日も16ミリの降雨の予報だが、雨雲の場合、上陸のスピード次第で、雨が強く降る日が変わるもの。雨雲のサンパウロ市到達が投票日の前か後ろになって、当日は足元がいい状態になり、一人でも多くの人が投票に出向けるよう望みたいものだが。そして運命の結果は?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2015年4月14日 東西南北  12日に、今年2回目となる反ジウマ・デモが行われた。参加者の主張が真剣そのものなのは当然なのだが、他の国の人が見たら「これは何の行事?」と思えるほどの奇抜な格好やユーモアのセンスはやはりブラジルならではのもの。この日もサッカーのセレソンのユニフォームを着た人たちの間に、上 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]