ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今年に入り、地下鉄5号線をはじめ、新駅の開業ラッシュが続いていたサンパウロ市地下鉄やCPTM(都電)だが、2019年は予算が抑えられることになりそうだ。地下鉄が今年の予算より9・86%減の20億500万レアル、CPTMが8・8%減の34億1千万レアルとなる。これらはすでに、サンパウロ州議会の予算案として承認を得ている。今年は、地下鉄5号線の1号線と2号線との連結や、ルス駅からグアルーリョス空港への直行便開通など、市民生活を大きく変える動きがあっただけに、予算削減は寂しい気もするが、来年は特に大きな開業の予定がないので、仕方がない。ただ、メンテナンスにはしっかり金を割いてほしいところ。
     ◎
 10月30日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合。2連覇を狙っていたグレミオは本拠地ポルト・アレグレでの試合を1―2で落とし、2試合合計スコアで2―2の同点だったが、アウェイ・ゴールの差で敗退となった。この試合、終盤まで1―1で逃げ切れば勝ちだったが、ディフェンダー、ブレッサンが微妙な判定でハンドを取られ、それで生じたPKで命取りとなった。グレミオ側は判定を不服とし、抗議を行う意向を示している。
     ◎
 10月、カンタレイラ水系には192・9ミリの雨が降った。この雨量は、10月の月間降水量としては、過去10年で最も多い。今年はこれまで降水量が少なく、心配されていたが、喜ばしい話だ。10月31日現在の水位は34・5%で、33・6%台だった前月末より微量ながら上がった。11月もこれに続いてくれれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]