ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今年に入り、地下鉄5号線をはじめ、新駅の開業ラッシュが続いていたサンパウロ市地下鉄やCPTM(都電)だが、2019年は予算が抑えられることになりそうだ。地下鉄が今年の予算より9・86%減の20億500万レアル、CPTMが8・8%減の34億1千万レアルとなる。これらはすでに、サンパウロ州議会の予算案として承認を得ている。今年は、地下鉄5号線の1号線と2号線との連結や、ルス駅からグアルーリョス空港への直行便開通など、市民生活を大きく変える動きがあっただけに、予算削減は寂しい気もするが、来年は特に大きな開業の予定がないので、仕方がない。ただ、メンテナンスにはしっかり金を割いてほしいところ。
     ◎
 10月30日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合。2連覇を狙っていたグレミオは本拠地ポルト・アレグレでの試合を1―2で落とし、2試合合計スコアで2―2の同点だったが、アウェイ・ゴールの差で敗退となった。この試合、終盤まで1―1で逃げ切れば勝ちだったが、ディフェンダー、ブレッサンが微妙な判定でハンドを取られ、それで生じたPKで命取りとなった。グレミオ側は判定を不服とし、抗議を行う意向を示している。
     ◎
 10月、カンタレイラ水系には192・9ミリの雨が降った。この雨量は、10月の月間降水量としては、過去10年で最も多い。今年はこれまで降水量が少なく、心配されていたが、喜ばしい話だ。10月31日現在の水位は34・5%で、33・6%台だった前月末より微量ながら上がった。11月もこれに続いてくれれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月10日 東西南北  現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]