ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ判事が治安相兼ねたスーパー法相に=ボウソナロ次期政権に入閣=就任めぐり評価は二分=今後のLJの行方は?

《ブラジル》モロ判事が治安相兼ねたスーパー法相に=ボウソナロ次期政権に入閣=就任めぐり評価は二分=今後のLJの行方は?

セルジオ・モロ氏(Lula Marques)

セルジオ・モロ氏(Lula Marques)

 パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事は1日、ジャイール・ボウソナロ次期大統領からの、法相、治安相の役目をかねた新たな大臣職への就任依頼を承諾、パウロ・ゲデス次期経済相に続くスーパー大臣誕生が決定的になった。他方、ラヴァ・ジャット作戦の裁きで国民的人気を得た同氏の起用をめぐって、国民の評価は二分している。2日付現地紙が報じている。

 ボウソナロ陣営からのモロ氏への就任依頼は10月31日に行われ、その時のモロ氏は、「状況が整い次第、考慮する」と答えた。だが、両氏は翌1日にリオで会い、その席で就任が決まった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ