ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の目的は、自身の次期政権の保健相へのアピール。この行為が一般、芸能の両方面のニュースで話題となった。ある時期、ネットで、ボウソナロ氏を慕って政界入りしたポルノ男優のアレッシャンドレ・フロッタ氏が「文化相就任か」という話が冗談込みで流れていたが、この手の売り込みはまだ続きそうな気も。
     ◎
 サンパウロ州海岸部やリオ州、ミナス州の一部は、7日~9日に豪雨を記録。リオ州では7日から8日に100ミリ前後の雨を見た地域が多く、24時間の間に11月の月間平均降水量を超えたところもあったとか。同州では各地で冠水が起き、バスが水に浮く光景や土砂崩れなども見られた。リオ市防災局には100件以上もの苦情の電話が寄せられ、同局が対応に追われた。春から夏は貯水のことを考えると雨はほしいが、ほどほどがいい。
     ◎
 サッカーの全国選手権も、残すところ、あと6節。2位との勝ち点差5で早く優勝を決めたいパルメイラスは、明日11日、ベロ・オリゾンテでアトレチコ・ミネイロと対戦。なんとかリベルタドーレス杯出場圏(6位以内)を確保したい4位サンパウロはイタケーラでコリンチャンスと。後半戦不調で、まさかの2部降格を避けたいコリンチャンスも負けられない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月20日 東西南北  今日20日は「黒人の日」で、サンパウロ州内では、サンパウロ市をはじめ、多くの市が休日となっている。そういうこともあり、この時期はブラジル国内紙でも黒人差別を扱った記事が少なくない。例えば、19日付アゴラ紙では、サンパウロ市東部のシダーデ・チラデンテスの黒人男性医師が差別にあっ […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]