ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の目的は、自身の次期政権の保健相へのアピール。この行為が一般、芸能の両方面のニュースで話題となった。ある時期、ネットで、ボウソナロ氏を慕って政界入りしたポルノ男優のアレッシャンドレ・フロッタ氏が「文化相就任か」という話が冗談込みで流れていたが、この手の売り込みはまだ続きそうな気も。
     ◎
 サンパウロ州海岸部やリオ州、ミナス州の一部は、7日~9日に豪雨を記録。リオ州では7日から8日に100ミリ前後の雨を見た地域が多く、24時間の間に11月の月間平均降水量を超えたところもあったとか。同州では各地で冠水が起き、バスが水に浮く光景や土砂崩れなども見られた。リオ市防災局には100件以上もの苦情の電話が寄せられ、同局が対応に追われた。春から夏は貯水のことを考えると雨はほしいが、ほどほどがいい。
     ◎
 サッカーの全国選手権も、残すところ、あと6節。2位との勝ち点差5で早く優勝を決めたいパルメイラスは、明日11日、ベロ・オリゾンテでアトレチコ・ミネイロと対戦。なんとかリベルタドーレス杯出場圏(6位以内)を確保したい4位サンパウロはイタケーラでコリンチャンスと。後半戦不調で、まさかの2部降格を避けたいコリンチャンスも負けられない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月10日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、何人かの局長の入れ替えを行った。その中で最も注目されているのは、エドゥアルド・アレッシャンドレ・シュナイデル氏に代わって新たに迎え入れられた、新教育局長のジョアン・クリ・ネット氏だ。クリ氏は、マルシオ・フランサ前サンパウロ州知事時代に […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボウソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボウソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2019年1月9日 東西南北  7日、ブラジリアの洋服店の店員が連邦検察庁に対し、ダマレス・アウヴェス人権相に対する捜査を求めた。事の発端は4日、この店員がつとめている洋服店にダマレス氏が青い服を着て現れたことだった。前日に同氏が「男の子は青い服、女の子はピンクの服を着るべき」と言ったビデオが流れていたのを […]
  • 東西南北2019年1月4日 東西南北  大統領就任の演説に際してさえも政敵叩きを行うという、国際的にも珍しい言動で国際的に話題となってしまったボウソナロ大統領。夫人の手話など、話題にも事欠かない就任式だったが、もうひとつ世間に注目されたのは、別名「カヴァーロ・ぺチスタ(労働者党の馬)」だ。それはボウソナロ夫婦が由緒 […]
  • 東西南北2019年1月5日 東西南北  3日のSBT局でのインタビューで、ボウソナロ大統領は、かねてから1月中に発すると噂されている銃に関する大統領令では、銃の所有だけでなく、銃の携行も容易にする意向を表明した。同大統領によると、銃使用はあくまで正当防衛の時のみに限るとし、犯罪の多い地域では携行しやすい状況にすると […]