ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日に日本で起こった、ルノー/日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏逮捕は、ブラジル人ということもあり、ブラジルでも話題にはなっている。ただ、現地紙などの報道を見ていると、国内での日産自動車のシェアがそこまで上位でないこともあってか、その扱いは「日本で有名なブラジル人」というニュアンスが強く、事件の内容そのものよりも「この逮捕報道が日本でどれだけ大きかったか」を、夕刊紙の見出しの実物を見せて紹介する例などが目立っている。もっとも、同氏がルノー関係者であることから、日本ではフランスとのイメージの方が強い。どれだけの人が「ブラジル人」として見ているだろうか。
     ◎
 15日に2メートルの段差が生じる事故が起きて以来、サンパウロ市民の話題の中心となっている、西部ジャグアレー橋付近のマルジナル・ピニェイロスの高架橋。市当局は、ジャッキを使って高架橋を持ち上げようと考えている。ただ、仮にジャッキを使うにしても、それをめぐって、緊急の入札や市との契約などが必要となるため、それは決して容易ではない。もっとも、あれほど大きな高架橋を持ち上げること自体、大変なことだが。
     ◎
 20日のサッカーの親善試合、対カメルーン戦で、セレソンはエースのネイマールが開始早々8分で股間の痛みを訴え、自らベンチに下がった。試合は、守護神アリソンがカメルーンの猛攻を好守でしのいで、エースに代わって出場したリシャルリソンが決めた1点を守りきり、1―0で勝利した。これでセレソンはW杯後の戦績を6戦全勝としたが、ネイマールの状態は気になるところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 東西南北2018年12月12日 東西南北  10月の大統領選で敗れた元サンパウロ州知事、ジェラウド・アウキミン氏(民主社会党・PSDB)が10日、サンパウロ州バウルーの医療機関ウニノーヴェで、大統領選後では初となる講演活動を行った。同氏はシュラスコをごちそうされ、学生たちが飼育したバクテリアを受け取るなどの歓迎を受けた […]
  • 東西南北2018年12月13日 東西南北  来年6月に国内5都市6会場を舞台に行われる、サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)に日本代表が招待出場する事が11日に正式発表された。南米サッカー連盟には10カ国しか所属していないため、4チームずつのグループを三つ作るために毎回2カ国が招待されている。今回はアジアから日本とカ […]
  • 東西南北2018年12月8日 東西南北  ボウソナロ次期大統領の政党、社会自由党(PSL)の下院リーダーの座を巡り、喧嘩が勃発している。その座を争っているのは、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏と、ネット・ジャーナリストとして有名になった次期女性下議ジョイセ・ハッセルマン氏だ。両者は6日、ワッツアップで口論。エドゥア […]
  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]