ホーム | Free | 聖市カーニバル出場ツアー=トレンディ旅行社が募集中

聖市カーニバル出場ツアー=トレンディ旅行社が募集中

2016年の出場者の様子

2016年の出場者の様子

 トレンディツーリズモ(関根いつ子社長)が聖市カーニバル2019に出場するツアー参加者の募集中だ。主に駐在員家族を想定しており、1月19日から4回の練習参加を経て、3月1日に(金)の本番に臨む。それに加えてファブリカ・デ・サンバ(山車製造倉庫)の見学も2月中に予定されている。
 出場するサンバ・チームは昨年と同じ「ツクルビー」で、テーマは奴隷解放令130周年を記念した「リベルダーデ(自由)」。
 二つのコースがあり(1)通常のアーラで出る場合は1200レアル、(2)山車の上に乗る場合は2300レアル。後者の方の参加者が多い傾向があるという。
 この料金に含まれるのは事前練習と本番の送迎バス、衣装一式、練習参加用Tシャツ、テーマ曲の音源、日本語訳付き歌詞カード、カーニバル傘下の心得案内など。
 個人で参加する場合は言葉や文化、習慣の問題から行き違いが起きやすいが、このツアーだと通訳がつく。本番直前で問題になりがちなファンタジア(衣装)受け取りも代行する。
 関根さんは「ツクルビーは結束が固く、しっかりしているチーム。サンパウロのカーニバルのレベルも上がっていますよ。一度出場するとブラジルの印象がだいぶ変わると皆さん言われます。ぜひ挑戦して、ブラジルの良い思い出を作ってください」と呼びかけた。問い合わせや申し込みは同社(電話11・3287・7072、isekine@trendy.com.br)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 トレンディツーリズモでは1月26日(土)に「ワイナリー訪問とぶどう祭り」の日帰りツアーも行う。参加費は大人280レアル、5~10歳の子供が180レアル、3~4歳児は100レアル。ワイナリー見学、ぶどう狩り、ワインとジュースの試飲、自家製チーズとぶどう試食、ぶどう踏み体験などが含まれている。昼食、専用車、日本語ガイド、旅行保険付き。最少催行人数は15人。問い合わせや申し込みはトレンディ旅行社(11・3287・7072、isekine@trendy.com.br)まで。前日の25日(金)が聖市誕生日で市内は祝日、3連休の中日という絶好のタイミング。たまにはぶどう狩りもいいのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で2019年2月28日 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で  昨年日本人で初めてリオのカーニバルの公式プログラムに参加した、東京都を拠点に活動するサンバチーム「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)。今年も3月3日午前11時から、リオ市ヴィラ・イザベル区のバラォン・デ・ドゥルモンド広場で路上パ […]
  • ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催2019年3月8日 ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催  サンパウロ日伯援護協会傘下の老人養護施設スザノイペランジアホーム(三島勝彦施設長)は3日、『第25回ダリア祭り』をスザノ市の同ホームにて開催した。同ホーム自慢の南米唯一のダリア園には85種、3800株ものダリアが植えられており、色とりどり満開の花を咲かせている。   […]
  • 第14回さんしんの日、31日=「三線と踊りで楽しみましょう」2019年3月29日 第14回さんしんの日、31日=「三線と踊りで楽しみましょう」  野村流古典音楽協会ブラジル支部等の4団体が共催する「第14回さんしんの日」(照屋マウロ実行委員長)が31日午後2時から、聖市リベルダーデ区の沖縄県人会大ホール(R. Dr. Tomas de Lima, […]
  • JCI=カーニバル直前、サンバ体験=ブラジル理解深めるために2019年2月20日 JCI=カーニバル直前、サンバ体験=ブラジル理解深めるために  カーニバル本番直前の熱気あふれるサンバチームの練習を見学・体験しませんか――ブラジル日本青年会議所(村上パトリシア会長、以下JCI)が主催する「ブラジリアンマインド第3弾」が24日午後6時から、ブルーツリープレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, […]
  • 沖縄移民110年祭が今週末=慶祝団500人来伯の大祭典=3千人参加の祝賀パレードも!2018年8月2日 沖縄移民110年祭が今週末=慶祝団500人来伯の大祭典=3千人参加の祝賀パレードも!  ブラジル沖縄県移民110周年記念祭典が3、4、5の3日間、聖市の本部やピラ・カロン区、ジアデマ市を中心に開催される。  ブラジルの後、アルゼンチン(7~9日)、ボリビア(11、12日)と続く祭典にあたり、日本やハワイを含めた国内外から、およそ500人の慶祝団の訪問が […]