ホーム | コラム | 樹海 | 日系社会にとって2019年はどんな年か?

日系社会にとって2019年はどんな年か?

今年60周年の節目を迎える援協の大黒柱、日伯友好病院

今年60周年の節目を迎える援協の大黒柱、日伯友好病院

 日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。
 四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく舵を切った。日系社会は否が応でも、両国の動向に大きな影響をうけながら、新年を歩んでいくことなる。
 まず、日系社会的に気になるのは、4月の文協会長選挙の行方だ。呉屋春美会長は昨年末、「次の会長選挙には出ない」と明言。
 日伯修好120周年、日本移民110周年という大きな節目をこなしてきた呉屋会長だけに、十分に働いてきたと言えそうだが、文協経営立て直しに関しては大きな進展はない。そして110周年の結果、国士館スポーツセンター改修工事が始まるが、不足資金を集めるという大きな仕事が待っている。
 不足する分は、菊地義治110周年実行委員長が集めた300万レアル以上に比べれば微々たる金額かもしれない。だが、文協ビル地下の文化スペース改修費100万レアルがなかなか集められなかった現実を考えれば、次の会長にはエリート公務員出身の人物よりも、私企業経営者を経験した集金能力の高い人物が望ましいと言えそうだ。
 すでに、元NECブラジル社長、現サンタクルス病院理事長の石川レナート氏を推す声が多いと聞くが、今後の動向に注目したい。
 今年半ばからはジャパン・ハウスが3年目に入り、独立採算へ向けた新しい経営に舵を切り始める。せっかくこれだけ話題を集め、文化施設として定着しつつあるのに、規模縮小とか入場者大幅減少などのイメージダウンに向かうようでは、日系社会的にも心もとない。
 いったん作った以上、日本政府にはしっかりと持ちこたえてもらいたい。
 7月には第22回県連日本祭りが開催される。110周年式典の会場となった昨年は、過去最大規模の展示スペースとなった。必ずしも「大きいことが良いこと」ではない。「長続きすることも大事」という部分もある。「コロニアの身の丈」を常に意識し、大きくなり過ぎない注意も必要な時期に入って来たのではないか。
 大きいといえば、日系社会最大の組織となったサンパウロ日伯援護協会が、今年60周年を迎える。日伯友好病院を大黒柱に4つの医療施設、6つの福祉介護施設を擁する団体に育ち、総職員数はなんと約2千人を数える。同病院は昨年30周年を迎えた際、第4病棟建設を発表し、今年建設される。
 医療業界は生き馬の目を抜く苛烈なビジネス世界であり、会社的にプロが経営するのが当たり前。援協のように病院経営の素人ボランティアで頭を寄せ合ってやっていくあり方で、今後も大丈夫なのか。
 気が付いたら、業界動向からすっかり遅れを取り、大手病院グループに買収される―なんてことにならないよう、しっかりと手綱を引き締めてほしい。コチア産業組合中央会、南伯農協、南米銀行という過去に学び、日系性を継承・維持しながらもブラジル社会にしっかりと貢献する日系団体としての体制を盤石にしてほしい。
 そして、毎日のように一世の訃報が邦字紙に載る時代だからこそ、独身者、子供のいない夫婦などに向け、人生の終わりを準備をする「終活セミナー」を援協にはお願いしたい。
 例えば、本人が何宗だったのか、残された周りが知らない場合がある。生きているうちから自分の葬儀のやり方や費用の段取りを付けたり、残されるアパートなどの不動産を援協や最寄りの日系団体に寄付したい場合はその手続き、残される銀行口座や資産相続人や代理人手続きのやり方など、援協が弁護士や手続きの専門家を呼んで準備セミナーをやってほしい。
 看取ってくれる子孫がいない移民が、尊厳を持って自分の人生を終えられるように、援協にはしっかりと手伝ってほしい。
 援協の使命は事業拡大ではない。「移住者支援」こそが原点であり、最大の使命のはずだ。それを達成するための手段として病院があり、経営を安定させるために規模拡大をしているはず。本末転倒しないよう、節目の年だからこそしっかりと原点を見直してほしい。
 忘れてはいけない大きな節目は、9月のアマゾン入植90周年だ。すでに100周年に向けた心構えで、今回の祝典を準備していると聞く。
 新年特別号に寄せられた汎アマゾニア日伯協会の生田勇治会長のメッセージには重たい内容があった。
 いわく「日本政府は経費削減を名目にベレンの総領事館を領事事務所に降格させるという思ってもいなかった処置を取り、私共移住者や日系社会を軽視するかの様な愚策に出ました。歴史的に親日的なパラー州(戦前の排日論の高まりの中でアマゾナス州と共に日本人移民を受け入れている。戦後も国交が回復してい無い時期から、いち早く日本人移民を引き受けた)を、経費削減という名目だけで今更見捨てるとは、今でも当地方日系人は納得が行っていません。本年の90周年記念の年を機会に、日本政府には是非再考して頂き記念祭への良きプレゼントとして頂けることを切に願うものです」とのこと。
 日本政府には、しっかりと受け止めてもらいたい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会2018年9月15日 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会  【らぷらた報知13日付】アルゼンチンと日本二国間の修好120周年記念として、アルゼンチン産肉の日本市場解放を祝い、アルゼンチン・パタゴニア・ラム(小羊)のプレゼンテーション及び試食会を8月29日に、ブエノスアイレス市内の料亭ニッポリで開催した。日亜修好120周年記念式 […]
  • 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会2018年12月27日 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会  日系人が余り進出してない分野で活躍する先駆的人物を取り上げるドキュメンタリー映画プロジェクト「Nipo―Brasileiro」の先行試写会が19日夜、サンパウロ市のブルーツリーホテルで開催され、関係者ら約90人が集まって第1話を鑑賞した。企画したのはマリア・リガヤ・ア […]
  • 日本祭り「お疲れさま!」2014年7月9日 日本祭り「お疲れさま!」  県連日本祭りの裏方で働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。特に各県人会の婦人部の皆さんはこの数日間、家庭のことは二の次で働きづめだった▼弊社と静岡新聞が主催した富士山写真展にも多くの観覧者が訪れ、「涙が出ました」「こんな富士山初めて見ました」と感想を述べ […]
  • 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!2017年7月11日 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!  「今年も日本祭り、お疲れさま!」――土曜午前10時過ぎ、サンパウロ市のジャパグアラ駅外の無料バス乗り場は、すでに30分待ち。会場の混み具合からしても、間違いなく例年以上の人出だ。その対応で、朝から晩まで働いた各県人会の婦人部や青年部始め、日系団体や企業の皆さん、県連役 […]
  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]