ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=MPLが軍警と衝突=交通料金の値上げ反対で

サンパウロ市=MPLが軍警と衝突=交通料金の値上げ反対で

 16日、サンパウロ市パウリスタ大通りで、バスや地下鉄・CPTMの値上げへの抗議行動参加者と軍警が衝突する事態が起きた。17日付現地紙が報じている。
 この抗議行動は無銭乗車運動(MPL)が主催したもので、先週に引き続き、バスや地下鉄・CPTMの料金が4レアルから4・30レアルに値上げされたのに反対する抗議行進を行おうとしていた。
 この日、抗議者たちは午後5時にサイクリスト(シクリスタ)広場に集まり、行進を行う予定だったが、軍警部隊が隊列を組んで待ち構え、行進を阻止した。
 抗議者たちは2度、行進をはじめようと試みたが、軍警に止められ、逮捕者が2人出た。その際にもみあいも起きたため、軍警が催涙ガスやゴム弾を使って混乱を鎮めようと試みたが、この時に軍警が放ったゴム弾で報道関係者が1人負傷している。
 また、抗議行動参加者らが一時、警官を揶揄するような行動をとったために、軍警が再びゴム弾などを使用。最終的に14人が逮捕されたが、内2人は火炎瓶などを所持していて拘留された。
 結局、抗議行進がはじまったのは午後7時からで、彼らはコンソラソン街を経由してルーズヴェルト広場までを歩いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請2020年4月3日 サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請  【既報関連】サンパウロ州検察局が1日に、サンパウロ市のサンタ・マジオレ病院での新型コロナ感染症拡大に関する新たな捜査を開始したと同日付現地紙、サイトが報じた。「サンタ・マジオレ」は、高齢者向け保健プランを運用するプレヴェント・セニオルが経営する8病院に付けられた名前で、パライ […]
  • 外出規制は経済回復を早める=米国の例が大統領の弁の反証に2020年4月2日 外出規制は経済回復を早める=米国の例が大統領の弁の反証に  【既報関連】経済活動を妨げ、甚大な損失を与えるとして、ボウソナロ大統領が盛んに反対していた外出自粛や隔離という社会的隔離策は、新型コロナウイルスの流行後の経済の回復を早める可能性を示す研究結果が発表された。  感染学者や保健部門の専門家が唯一の方法という社会的隔離策はブラジ […]
  • エクアドル=コロナ病死者を路上火葬?!=医療や葬儀間に合わず2020年4月3日 エクアドル=コロナ病死者を路上火葬?!=医療や葬儀間に合わず  エクアドルでは新型コロナウイルスによる死者の急増に法医学界を含む医療や葬儀業界が追いつかず、自宅で命を落とす人が続出。通りに放置された遺体や、路上で火葬する光景が衝撃を与えていると1~2日付現地サイトが報じている。   エクアドルでは現在、南米でブラジルに次ぐワースト2の死 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=死者の1割は60歳未満=安心できない若者や子供2020年4月2日 《ブラジル》コロナ禍=死者の1割は60歳未満=安心できない若者や子供  【既報関連】ブラジルでの新型コロナウイルス感染症による死者の10%は60歳未満で、子供や若者の感染にも注意が必要と専門家が警鐘を鳴らしている。  死者の10%は60歳未満である事は、3月30日の保健省の記者会見で報告された。同日の保健省発表によると、死者の85%は、高齢、高 […]
  • CBF=代表スタッフに休暇を検討=コロナ禍で試合日程白紙2020年4月2日 CBF=代表スタッフに休暇を検討=コロナ禍で試合日程白紙  新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)が世界中で大流行しており、ほとんどのスポーツイベントは開催できなくなっている中、ブラジルサッカー連盟(CBF)が、男子代表、女子代表、男女の各世代別代表の各々について、監督やコーチングスタッフに臨時の休暇を与えることを検討している。 […]