ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=MPLが軍警と衝突=交通料金の値上げ反対で

サンパウロ市=MPLが軍警と衝突=交通料金の値上げ反対で

 16日、サンパウロ市パウリスタ大通りで、バスや地下鉄・CPTMの値上げへの抗議行動参加者と軍警が衝突する事態が起きた。17日付現地紙が報じている。
 この抗議行動は無銭乗車運動(MPL)が主催したもので、先週に引き続き、バスや地下鉄・CPTMの料金が4レアルから4・30レアルに値上げされたのに反対する抗議行進を行おうとしていた。
 この日、抗議者たちは午後5時にサイクリスト(シクリスタ)広場に集まり、行進を行う予定だったが、軍警部隊が隊列を組んで待ち構え、行進を阻止した。
 抗議者たちは2度、行進をはじめようと試みたが、軍警に止められ、逮捕者が2人出た。その際にもみあいも起きたため、軍警が催涙ガスやゴム弾を使って混乱を鎮めようと試みたが、この時に軍警が放ったゴム弾で報道関係者が1人負傷している。
 また、抗議行動参加者らが一時、警官を揶揄するような行動をとったために、軍警が再びゴム弾などを使用。最終的に14人が逮捕されたが、内2人は火炎瓶などを所持していて拘留された。
 結局、抗議行進がはじまったのは午後7時からで、彼らはコンソラソン街を経由してルーズヴェルト広場までを歩いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家2019年2月14日 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家  16日(土)の深夜12時、17日の午前0時に夏時間が終了する。サンパウロ州、マット・グロッソ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ゴイアス、ミナス・ジェライス、エスピリト・サント、リオ、パラナ、サンタカタリーナ、リオ・グランデ・ド・スル州の10州と、連邦直轄区では、16日の夜12 […]
  • 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害2019年2月13日 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害  10人の犠牲者を出した8日のフラメンゴのトレーニング・センター火災からわずか3日後、同じリオ西部で、別のサッカー・クラブのユース選手が泊まっていた施設でも火災が発生した。こちらは惨事には至らなかった。12日付現地紙が報じている。  火災現場は、カンポ・ドス・アフォンソスにあ […]
  • 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に2019年2月13日 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に  ファッション雑誌「ヴォーグ」のブラジル版編集長が、19世紀の奴隷制時代の女帝を想像させる衣装を着た写真をSNSに掲載したことで物議を醸した。  これは同誌編集長ドナタ・メイレレス氏が50歳の誕生日を祝う企画として、8日に自分のインスタグラムにあげたものだった。  これはバ […]
  • 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍2019年2月5日 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍  昨年逮捕され話題を呼んだ世界的に有名な心霊療法家のジョアン・デ・デウス氏をはじめ、宗教的な性犯罪に対する闘士として知られていた活動家のサブリナ・ビッテンコートさん(38)が2日、自殺と見られる謎の急死を遂げ、大きな話題を呼んでいる。3日付現地紙が報じている。  サブリナさん […]
  • 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難2019年2月9日 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難  ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。  まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社 […]