ホーム | コラム | 樹海 | ネイマールはこのままでいいのか?

ネイマールはこのままでいいのか?

ネイマール(Gustavo Gomes/Agencia Brasil)

ネイマール(Gustavo Gomes/Agencia Brasil)

 昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日を祝うこの会には、総勢500人が参加。そこにはエムバペやカバーニといったPSGのチームメイトである世界的サッカー選手も姿を現した。それだけでもすごいが、ウェズリー・サファドンやマリリア・メンドンサといった、現在のブラジルの若い人なら誰でも知っているような人気歌手をわざわざ呼んで彼らに歌を披露させたほか、自らも歌を披露する華やかな宴となった▼ただ、この行動に違和感を覚えた人も少なく無かった。自分の結婚式でもない、たかだか誕生日をサッカー・シーズン中にここまで盛大に祝う必要があるのか。ましてや現在、ネイマールは右足の中足骨を骨折中で、2ヵ月ほど試合に出られない状態で、所属のPSGに大きな戦力的打撃を与えている最中。さらにいえば、故障箇所は昨年の今頃も骨折したところで、W杯で本調子が出なかった理由のひとつにもなった。しっかり治療しないと、6月からのコパ・アメリカにも響きかねないものだ▼この誕生会に対し、バンデイランテス局の実況キャスター、ネットは「1歳の子どもじゃあるまいし幼稚だ」「そんなことをやっているヒマがあったら故障をなおせ」と批判した。だがネイマールは「招待されなかったからと言ってひがむんじゃない」と一笑に伏しただけだった▼「スター・プレイヤーとしての華やかさを表現する」。それはネイマールが18歳の頃からずっと貫いているスタイルだ。たしかにサッカーに限らずプロ・スポーツの選手というのは「子供たちに夢を売る仕事」であり、より魅力的に見せるためには、生活を派手に見せる努力も必要、とはコラム子自身も理解できる。そうした彼の行為はこれまでも「派手に遊んでも、グラウンドで結果をだせばそれでいい」とずっと黙認もされていた▼だが、「年齢的にもうそろそろ受賞してもいい頃」と思われている世界最優秀選手のタイトルでは、クリスチアーノ・ロナウドやバルセロナ時代の同僚でもあるメッシとの差は縮まらないまま。プレーでも、一定の働きはするものの、PSG移籍以降はクラブでもセレソンでも世界的なタイトルとは縁がない状態が続いている。そんなときだからこそ、時にはストイックな姿勢を見せるべき時なのではないだろうか。彼のような選手の場合、「派手な私生活に見合うだけの活躍」は常に求められ、それは「若さ」という甘えが認められなくなる年齢にさしかかってくると、余計に厳しくなる。そのことを自覚すべきではないだろうか▼そろそろ、ネイマールは油断できる立場でもなくなる。いまのところは「2022年のW杯までは少なくともセレソンのエース」と誰もが思っている状態であろうが、この先、調子をあげないと、下から浮上してくる新しい勢力に追い抜かれかねない。事実、ブラジルからは。現在イングランド・プレミア・リーグで伯人選手トップの得点を記録している21歳のリシャルリソンや、わずか18歳にして世界一の強豪レアル・マドリッドのレギュラーに定着しつつあるヴィニシウス・ジュニオルなど、彼の代わりを期待できそうな選手が育ってきている。気持ちの引き締めは重要だ。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオから大統領が生まれないその理由は?2017年12月1日 リオから大統領が生まれないその理由は?  伯国の政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」が聖州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「伯国の大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」ということを意味する […]
  • 今、国内サッカーが熱い!2018年6月8日 今、国内サッカーが熱い!  早いもので週が明けて14日になれば、もうサッカーのW杯のロシア大会がはじまる。  そうなると、サッカー・ファンの目は当然W杯一色となる。それはこの期間中、世界のどこでも他にサッカーの公式戦をやっているところがないから当たり前といえばそれまでだ。  だが、そんな今、 […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]