ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9日付けエスタード紙の表紙には「過去から学ばない国」という強烈な見出しが躍っていた。これは、フラメンゴの宿泊所火災のことのみならず、1月に起こって現在まで165人の死が確認されているブルマジーニョの鉱山ダムの決壊事故、昨年のリオ国立博物館の火災、2013年に242人の死者を記録したリオ・グランデ・ド・スウ州のライブハウス「KISS」の事故などだ。いずれも、事前に安全基準に沿った防災対策をしていれば防げていた「人災」ばかり。今回ばかりは、少しぐらい過去から学ぶ?
     ◎
 今回のフラメンゴ宿泊所火災は、OBのジーコをはじめ、国内の世界的サッカー選手も反応し、世界的関心を高めている。すでにペレやロナウジーニョなどが公式で追悼の言葉を捧げている。どんな一流選手であっても、子ども時代に友達と楽しみながら、明日のスター選手を夢見ながら育った日々はかけがえのない思い出となっているもの。それだけに痛みもわかるのだろう。「未来のネイマール」が火事で死んだかもしれないと思えば、ブラジルサッカーの未来のためにも、再発だけは絶対に避けてほしい。
     ◎
 今回火災を起こしたフラメンゴの養成所育ちで、イタリアの名門ACミランに移籍したばかりのルーカス・パケタが10日、対カリアリ戦でイタリア初ゴールを見事に決めた。その瞬間、パケタはこぶしを高くつきあげ、手首にはめた黒い喪章にキスをし、フラメンゴの犠牲者たちを追悼した。犠牲者のためにも、生き残った選手たちは気持ちを立て直し、プロへの階段を駆け上ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日の聖市公演は延期の予定はないと、主催者側は […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2019年2月23日 東西南北  「幽霊候補(ラランジャ)」問題で揺れる社会自由党(PSL)。これまでペルナンブッコ州、ミナス・ジェライス州で問題となっていたが、今度はリオ・グランデ・ド・スウ州でも問題が発生した。それは同党で上議に立候補した企業家のカルメン・フローレス氏が、公金の政党支援金を、自身の娘や孫、 […]