ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9日付けエスタード紙の表紙には「過去から学ばない国」という強烈な見出しが躍っていた。これは、フラメンゴの宿泊所火災のことのみならず、1月に起こって現在まで165人の死が確認されているブルマジーニョの鉱山ダムの決壊事故、昨年のリオ国立博物館の火災、2013年に242人の死者を記録したリオ・グランデ・ド・スウ州のライブハウス「KISS」の事故などだ。いずれも、事前に安全基準に沿った防災対策をしていれば防げていた「人災」ばかり。今回ばかりは、少しぐらい過去から学ぶ?
     ◎
 今回のフラメンゴ宿泊所火災は、OBのジーコをはじめ、国内の世界的サッカー選手も反応し、世界的関心を高めている。すでにペレやロナウジーニョなどが公式で追悼の言葉を捧げている。どんな一流選手であっても、子ども時代に友達と楽しみながら、明日のスター選手を夢見ながら育った日々はかけがえのない思い出となっているもの。それだけに痛みもわかるのだろう。「未来のネイマール」が火事で死んだかもしれないと思えば、ブラジルサッカーの未来のためにも、再発だけは絶対に避けてほしい。
     ◎
 今回火災を起こしたフラメンゴの養成所育ちで、イタリアの名門ACミランに移籍したばかりのルーカス・パケタが10日、対カリアリ戦でイタリア初ゴールを見事に決めた。その瞬間、パケタはこぶしを高くつきあげ、手首にはめた黒い喪章にキスをし、フラメンゴの犠牲者たちを追悼した。犠牲者のためにも、生き残った選手たちは気持ちを立て直し、プロへの階段を駆け上ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]
  • 東西南北2020年9月3日 東西南北  リオ市議会は3日に、マルセロ・クリヴェラ市長に対する罷免請求を受け入れ、罷免審議を始めるか否かの投票を行う。同市長への罷免請求は、昨日付本面でも報じた、マスコミが批判的な報道をしないよう、監視、妨害活動を行っていたグループ「クリヴェラ親衛隊」の捜査が行われたことで提出された。 […]
  • 東西南北2020年8月25日 東西南北  先週の後半から冷え込みの厳しいサンパウロ州。22日にはサンパウロ市セントロでは気温が8・3度まで下がり、路上生活者が遺体で発見との報道も。先週は南部州で雪が降り、「サンパウロ州でも雪が降るのでは?」と噂話をする人も。今週は日中の気温が20度を超えるとの予報が出ており、降雪はな […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]