ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》2月は16年ぶりの降水量=地盤緩み、土砂崩れも頻発

《サンパウロ》2月は16年ぶりの降水量=地盤緩み、土砂崩れも頻発

道路の冠水も多くで見られた。(参考画像・Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

道路の冠水も多くで見られた。(参考画像・Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 国立気象観測所(Inmet)の発表によると、2月のサンパウロ市の降水量は323・2ミリで、同月の平均の235・9ミリを37%上回ったと、1日付アジェンシア・ブラジルサイトが報じている。323・2ミリは、2月のサンパウロ市としては16年ぶりの降水量だ。
 今年の2月は、28日の内、16日、雨が降った。また、25、26日の夜は瞬間最大風速、時速82キロを記録した。今年2月の降水量は昨年2月の3倍以上だった。
 また、2月の最高気温の平均は28・6度で、平年より0・4度高い。最低気温の平均は19・6度で、平年より0・7度高かった。
 2月16日の夜、大雨による土砂崩れが市内2カ所で発生し、小児と赤ん坊合わせて4人が死亡した、サンパウロ大都市圏のマウアー市では、2月27日にも土砂崩れが発生。防災局は危険地帯の40戸に立ち入り禁止措置をとった。
 また、サンパウロ市東部のジャルジン・イグアテミ地区も2月13日と28日に土砂崩れが起き、いくつかの家屋に立ち入り禁止措置が出された。
 不安定な天候は3月に入っても続いているが、サンパウロ市では、1日(金)の夜からスペシャル・グループによるカーニバルのサンバのパレードが始まった。2日(土)はスペシャル・グループ2日目、3日(日)はアセッソ(2部リーグ)のパレードだ。
 サンパウロ市の週末の天気はおおむね、「昼間は曇り時々晴れだが、パレードの行われる夜は、昼間に暖められた空気が天候を不安定にさせるため、雨の可能性が高い」との予報が出ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《サンパウロ市》バーチャルのカーニバル=市役所主催で12日から2021年2月13日 《サンパウロ市》バーチャルのカーニバル=市役所主催で12日から  12日午後8時から、サンパウロ市の市役所主催のバーチャルのカーニバル・イベント、「フェルティバル・ト・ミ・グアルダンド(Festival Tô Me […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]