ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日午後、サンパウロ市中央部ブラスの商業地区で火災が発生した。発生したのは午後4時30分頃で、オリエンテ街123番地にあるビルが全焼した。他の建物への被害はなかったが、このビルから立ち上った黒煙はマルジナル・チエテまで届いていたという。消火作業は18時頃に終わり、負傷者などの報告は出ていない。幸いにも事が小さくて済んだが、この周辺は同市でも指折りの規模の商業地域で、火の手が広がれば、大惨事となる可能性もあった。ただでさえ、この日はサンパウロ大都市圏スザノ市にある州立校で無差別テロが起こったばかり。無事に消火できてホッとした。

     ◎

 13日付の連邦政府の官報によると、連邦機関のサービスや情報を受ける際に提示するドキュメントの一つとして、納税者番号(CPF)が使えるようになる。CPFは今後、労働者証明番号(NIT)や社会統合プログラム(PIS)の代わりに使用することが可能となる。これまでは、労働手帳と運転免許証が代用有効とされていたが、そこにCPFも仲間入りすることとなった。CPFは日常生活でも最も頻繁に提示を求められる必需番号なので、それで多くの事が済むようになれば楽だ。

     ◎

 13日に行われたサッカーのブラジル杯第3ラウンドで、コリンチャンスは敵地での対セアラー戦を3―1で勝利した。相手は全国選手権1部と油断できない相手だっただけに、勝って本拠地に戻れるのは大きい。このカードの次戦はサンパウロ市イタケーラで4月3日に行われ、合計スコアで勝利すると、第4ラウンドに進出できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月10日 東西南北  4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年3月27日 東西南北  24日の夜、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、歩道に乗り上げた乗用車が横転し、歩行者を撥ね、2人が死亡、1人が重傷を負う事故が起きた。この事故で、29歳の男性運転手が逮捕された。乗用車には19歳の恋人も同乗していた。死亡した内のひとりで25歳の男性は、寄寓にも運転手の幼馴 […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]