ホーム | ブラジル国内ニュース | (サンパウロ市)=ラテン・アメリカ記念館が30周年=鳴り物入りで出来るもいまだに決めてに欠ける建物

(サンパウロ市)=ラテン・アメリカ記念館が30周年=鳴り物入りで出来るもいまだに決めてに欠ける建物

ラテン・アメリカ記念館(公式サイトより)

ラテン・アメリカ記念館(公式サイトより)

 1989年3月にサンパウロ市西部バラ・フンダに出来たラテン・アメリカ記念館が、18日で落成30周年を迎えた。

 同館建築は、文化遺産に認定されたブラジリアの建設にも貢献した世界的な建築家のオスカー・ニーマイヤーが手がけ、話題を呼んだ。敷地内部にある、手の生命線の脈からの流血が南米大陸の形をしている石碑は非常に有名だが、それに匹敵するような「場所」としてのイメージがまだ確立されていないことが課題とされている。

 基本的には総合文化施設で、展示会やコンサート、映画の上映、屋外ではフード・マーケットやカーニバルのブロッコの開催などを行っている。だが、「では、何が決定的?」と言われると難しいものがある。

 一応、年間来場者は250万人で、サンパウロ美術館(MASP)の50万人やブラジル銀行文化センター(CCCB)の93万人を超えてはいるから、経営は成り立っている。

 ただ、それはコンサートやブロッコの開催で稼いでいるだけで、普段はガラガラの印象も。

 メモリアルの関係者としては、「もっとイベントで多くの人たちを」と望んでいる。

 ただ、コンサート会場としても、いまひとつ、アピールに欠ける実情はある。現在、ここで開催して話題となるのは、11月に行われるミニ・ロック・フェスティバルの「ポップロード・フェスティバル」くらいのもので、他には目立つものがない。

 同館のコンサート会場は、人数的には屋外会場として1万人近くを呼び込める。ただ、バラ・フンダ駅周辺にはコンサート会場が密集しており、他の会場に注目が奪われている。大規模コンサートには、サッカー・クラブ、パルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケがあるし、数千人規模の会場なら、同じく駅前の屋内会場エスパッソ・ダス・アメリカスもある。

 また、バラ・フンダ駅からコンサート風景が丸見えなのも、いまひとつムードに欠ける。会場内も、コンクリートのせいで日差しの照り返しが強く、日陰で休める場所が少ないなどのウィーク・ポイントがある。

 また、そうした屋外イベント以外にも、建物の屋内を子どもたちへの教育施設として使うことを薦める声もあるという。サンパウロ市内では、CESCという市の文化施設でそうしたことが行われており、好評だが、それに倣う形だ。

 いずれにせよ、「まだ何とか使いがいがあるはず」との期待を持たれながら、メモリアルは次の時代を迎える。(18日付アゴラ紙、同G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロ名門チームのユース宿泊施設にも問題発覚=「改善猶予は90日」と市局長2019年2月15日 《ブラジルサッカー》サンパウロ名門チームのユース宿泊施設にも問題発覚=「改善猶予は90日」と市局長  【既報関連】リオのフラメンゴ育成チーム宿泊施設の火事を受け、サンパウロ市ではプロサッカーチームの同様の施設に安全監査が入り、使用禁止措置などがとられていると、14日付現地紙・サイトが報じた。  サンパウロ市西部バーラ・フンダのサンパウロFC練習場は一時的に使用禁止と […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日2019年3月20日 ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日  日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアからブラジルへの観光・短期商用等を目的とする訪問者に対するビザ(90日間)が、6月17日から免除されることになった。訪米中のボウソナロ大統領は18日に大統領令に署名した。今回対象となる4カ国について、すでにリオ五輪期間限定でビザ免 […]