ホーム | 日系社会ニュース | 池田中将、第三師団司令官に就任=国境警備で4万4千人と統轄

池田中将、第三師団司令官に就任=国境警備で4万4千人と統轄

ミオット総司令官から激励を受ける池田中将

ミオット総司令官から激励を受ける池田中将

 伯陸軍の池田隆蔵中将は、今月5日、南大河州を管轄する第3師団司令官に就任した。歴代司令官からは軍政期のコスタ・エ・シルヴァ、メジシ両大統領を輩出している出世街道だ。現在、3人の日系中将がおり、その中から初の日系大将誕生が期待されている。

第三師団司令官に就任した

第三師団司令官に就任した

 同師団は南大河州を管轄し、司令官は4万4千人の兵を統轄する。同州は近隣3カ国と国境を接しており、国境警備が主たる任務だ。同州内には、陸軍幼年学校を2校有しており、大将は同州出身者が多いという。
 ジェラウド・アントニオ・ミオット南軍総司令官の招待で、サンパウロ市の日系社会からは平崎靖之氏、岩井輝禎氏、平山秀夫イナシオ氏が参加。就任式には、近藤猛在ポルトアレグレ領事事務所長、輸送インフラ局のアントニオ・レイチ・ドス・サントス将校、退役大将らが出席した。
 平崎氏は「池田中将は、以前は首都第11師団司令官も務め、その歴代司令官にはガイゼル大統領もいる。3人の大統領を輩出した重要な役職を務めており、大将昇格が大いに期待できるのでは」と見ている。
 就任に際して、池田中将は「与えられた任務を着実に遂行してゆくのみだ」とコメントしているという。なお、同中将は、第二次大戦下の伊戦線遠征軍に従軍した日系人の調査を実施している。日系人は24人おり、全員無事に帰還したことが発覚している。今後、出身地などの詳細な調査を進めてゆくという。


□関連コラム□大耳小耳

 平崎氏に拠れば、大将になるのは非常に狭き門。中将就任から4年間のうちに、昇格しなければ退役となるという。池田氏は、14年3月31日に少将に昇格、その後、僅か3年間という早さで、17年7月31日に中将となっており、まだ昇格の可能性は十分に残されているとか。ついに日系初の大将なるか?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]
  • 在日ブラジル人30人を表彰=日伯国会議員連盟が慶祝=根を張り両国の絆強めた人々2020年6月23日 在日ブラジル人30人を表彰=日伯国会議員連盟が慶祝=根を張り両国の絆強めた人々  日伯国会議員連盟(麻生太郎会長)が、海外移住の日と日系ブラジル人定住化30周年を記念した表彰式を18日15時から、衆議院第二議員会館1階(東京都千代田区)で行った。当日は関係者が集まり、幅広い分野で活動して日本社会へ貢献した在日日系ブラジル人30人の功績を称えた。19 […]